リモートアクセス

リモートアクセスにより、ユーザーはSSHまたは画面共有アプリを介してビルドの仮想マシンに接続できます。失敗したビルドは、リモートアクセスを有効にして再ビルドできるため、トラブルシューティングがはるかに簡単になります。たとえば、ビルドログにエラーに関する十分な情報がない場合などです。

承認

を持っているユーザー テスター/ QA アプリの役割はリモートアクセスを使用できません。

ビルドマシンでリモートアクセスを使用するには、次の2つの方法があります。

  • SSH:これは、Linux / DockerベースのマシンとMacOSマシンの両方で使用できます。

  • スクリーンシェア:これはMacOSマシンでのみ使用できます。 VNCシステムを使用しています。

どちらの方法でも、ビルド中およびビルド終了後10分間、ビルドマシンにリモートでアクセスできます。

SSHによるリモートアクセス

SSHを使用してBitriseビルドマシンにアクセスするには、コマンドラインインターフェイスと正しいコマンドとパスワードが必要です。

  1. Bitriseでアプリを開きます。

  2. に移動します ビルド タブ。

  3. リモートアクセスで再実行するビルドを見つけます。

  4. クリック リモートアクセスで再構築 オプション。

  5. クリック リモートアクセス手順

    Instructions for remote access with SSH
  6. SSH オプションで、必要なコマンドを見つけてコピーします。

  7. コマンドラインインターフェイスを開きます。

  8. 下にあるコマンドを実行します SSH (以下は例です):

    ssh -o StrictHostKeyChecking=no vagrant@1.tcp.ngrok.io -p 000000
  9. からパスワードをコピーして貼り付けます リモートアクセス手順 ページ。

そして完了!ビルドが実行されている仮想マシンにアクセスできるはずです。

スクリーンシェアによるリモートアクセス

スクリーンシェアアプリでBitriseビルドマシンにアクセスするには、正しいユーザー名、パスワード、アドレス、およびVNCスクリーンシェアアプリが必要です。

  1. Bitriseでアプリを開きます。

  2. に移動します ビルド タブ。

  3. リモートアクセスで再実行するビルドを見つけて、。

  4. クリック リモートアクセスで再構築 オプション。

  5. クリック リモートアクセス手順

    Instructions for remote access with SSH
  6. スクリーンシェア オプションで、必要な情報を見つけます。

    • 住所

    • ユーザー名

    • パスワード

  7. VNC画面共有アプリケーションを開きます。

    最も簡単なオプションは、デフォルトを使用することです 画面共有 macOS上のアプリケーション。

  8. 必要なフィールドに下の情報を入力します スクリーンシェア オプション。

そして完了!これで、ビルドが実行されている仮想マシンにアクセスできるようになります。

VM上でファイルを見つける

ビルドを実行したBitrise仮想マシンに正常にログインしたら、ファイル自体に飛び込んで、リアルタイムで何が起こっているかを確認できます。 BitriseがアプリのVMへのクローン作成を完了した後は、いつでも次の場所からアプリにアクセスできます。

 /Users/Vagrant/git

リモートアクセスの可用性を拡張する

リモートアクセスは、ビルドの実行中およびビルド終了後10分間利用できます。これだけでは不十分な場合は、リモートアクセスを長期間利用できるようにするための簡単な回避策があります。

  1. 追加する 脚本 ビルドが失敗する原因となるステップの次のステップ。

  2. トグル 前のステップが失敗した場合に実行 を確実にするためのオプション 脚本 ステップは常に実行されます。

  3. 秒単位で指定された時間、ビルドを「スリープ」させるコマンドを追加します。

    1 sleep 5400

    この例では、ビルドを90分間実行します。もちろん、ビルド時間の制限を超えないようにする必要があります。

それでおしまい。ビルドがまだ実行されている間に、仮想マシンを調べて、失敗の原因となった可能性のある問題を探すことができます。