Skip to main content

Javaバージョンの管理

概要

すべてのBitrise仮想マシンには、Java 8、Java 11、およびJava17がプリインストールされています。デフォルトのバージョンはJava17ですが、いつでもバージョンを切り替えることができます。

デフォルトでは、すべてのBitriseスタックにはJava 11がプリインストールされており、すぐに使用できます。別のバージョンに切り替えない場合、ビルドはJava11を使用します。

今のところ、Java 8はすべてのスタックタイプで利用できますが、Java 8に切り替えるプロセスは、MacOSベースのスタックと比較してUbuntuベースのスタックではわずかに異なります。

  • Java 8

  • Java 17

バージョンはいつでも切り替えることができます。別のJavaバージョン(たとえば、14)をインストールすることもできます。

Potential issues with Java versions

Using a new Java version, or switching Java versions during a build might cause unexpected issues:

Javaバージョンの設定ステップでJavaバージョンを設定する

Java8とJava11を簡単に切り替えることができます。 Javaバージョンを設定する ステップ。このステップでは、ビルドを実行する仮想マシンのグローバルJavaバージョンを設定できます。

新しいJavaバージョンのインストール

このステップでは、Javaバージョンをインストールできません。スタックにプリインストールされているバージョンのみを切り替えることができます。デフォルトでスタックで使用できないJavaバージョンをインストールする場合は、を確認してください。

  1. 追加します Javaバージョンを設定する ワークフローに進みます。ワークフローの最初のステップとして設定することをお勧めします。

  2. を見つける ビルド用にグローバルに設定されるJavaバージョン 入力。

  3. 必要なバージョンに設定してください。あなたはから選ぶことができます 811

    オプションは次のとおりです。

    • 8

    • 11(デフォルト値)

    • 17

例1 YAML example

In this example, we're setting the Java version to 17 in the bitrise.yml file.

primary:
  steps:
  - set-java-version@1:
      inputs:
      - set_java_version: '17'

AndroidスタックへのJavaバージョンのインストール

AndroidスタックにインストールされていないJavaまたはJDKバージョンが必要な場合は、このガイドに従ってください。以下の例では、Java / JDK1.14をインストールします。 脚本 ステップ。あなたはそれをあなたの選んだバージョンに適応させることができます。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. クリック ワークフロー メインページのボタン。

  3. ワークフローとパイプライン ページで、必要なワークフローを見つけます。

    workflow-and-pipelines.png
  4. クリック edit-webhook.svg ワークフロー名の横にあるボタンをクリックします。

  5. 追加します 脚本 ワークフローに進みます。

  6. の中に スクリプトコンテンツ ステップの入力、スクリプトを追加します:

    以下の例ではJava14をインストールしますが、自由に置き換えてください。 openjdk-14-jdkjava-1.14.0-openjdk-amd64 選択したバージョンのパーツ。

    #!/bin/bash
    set -ex
       
    add-apt-repository -y ppa:openjdk-r/ppa
    apt-get update -qq
    apt-get install -y openjdk-14-jdk
    update-java-alternatives -s /usr/lib/jvm/java-1.14.0-openjdk-amd64
    echo "done"    
  7. 新しいビルドを開始します。この 脚本 ステップは、他に依存しないため、ワークフローの最初のステップにすることができます。