iOSアプリをBitrise.ioにデプロイする

アプリをBitriseにデプロイして、IPAファイルをダウンロードし、アプリの開発タイプのプロビジョニングプロファイルで指定されたデバイスにインストールできるようにします。このようにして、内部テスターはアプリを簡単にテストできます。

キャッシュをクリアする

公開インストールページからアプリをインストールする場合は、キャッシュをクリアする必要があります。に表示されるリンクをクリックします。 古いデバイスから設定を同期した場合は、キャッシュをクリアして新しいデバイスを登録する必要があります ライン。リンクはにリダイレクトされます プロファイル設定 ガイドに記載されている手順に従うことができるページ。

開発者証明書と開発プロファイル

iOSアプリをデプロイするには、開発者タイプの証明書と開発タイプのプロビジョニングプロファイルが常に必要です。 App Storeにデプロイする場合でも、これらは必須です。これらは、IPAファイルをエクスポートするプロセスで提供されたコードから.xcodearchiveファイルを作成するために使用されます。

  1. 自分のマシンで少なくとも1回はIPAファイルを生成します。

  2. 必要なすべてのコード署名ファイルをアップロードする Bitriseに。

  3. 内部テスターにアプリをテストしてもらいたい場合は、 テストデバイスを登録する

  4. 確認してください 証明書とプロファイルのインストーラー ステップまたは App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニング ステップはワークフローにあります。

  5. Set the Automatic code signing input to the Apple service connection you want to use for code signing. The available options are:

  6. をセットする 配布方法 ステップの入力 development

    deployiosapptobitrise.png

    他のエクスポート方法を使用することもできますが、Bitriseにのみデプロイし、内部テスターの指定されたデバイスにアプリをインストールする場合は、 development 十分なものです。

  7. 確認してください Bitrise.ioにデプロイします ステップはワークフローにあります。

    デフォルトでは、 アプリの公開ページを有効にしますか? 入力はに設定されます true。このように、ビルドが実行されると、公開インストールページが長くランダムなURLで利用可能になり、Bitriseに登録されていない他のユーザーと共有できます。このURLは電子メールでユーザーに送信されます。 NS 通知:ユーザーの役割 そしてその 通知:メール 入力によって、電子メールを受信するユーザーが決まります。

  8. ビルドを開始します。

  9. ビルドが完了したら、アプリのに移動します ビルド ページをクリックして、最新のビルドをクリックします。

  10. クリック アプリとアーティファクト タブでIPAファイルを検索します。

    パブリックインストールのURLもここにあります。 IPAファイルの横にある目のアイコンをクリックして詳細を表示し、パブリックインストールページの切り替えを見つけます。 Bitrise以外のユーザーにリンクを送信できるように、オンになっていることを確認してください。

    パブリックインストールページからアプリをインストールするには、iOSデバイスのネイティブSafariブラウザーを使用する必要があります。サードパーティのアプリから閲覧している場合は、インストールリンクをクリックできません。

    Deploying Android apps to Bitrise and Google Play

以上です!これで、アプリのプロビジョニングプロファイルに含まれるすべてのデバイスにファイルをインストールできます。注意:インストールリンクには、iOSデバイスのSafariブラウザからアクセスする必要があります。