単一のワークフローで複数のフレーバーAPKを生成してデプロイする

弊社を使用して、1つのワークフローで複数のフレーバー(マルチフレーバー)APK / AABを生成、コード署名、デプロイできます Gradleランナー ステップ。フレーバーとは、アプリのコアコードを機能で強化して、同じアプリのバージョンを変えることを意味します(最も一般的な例として、無料/有料、デモ/フル)。の公式AndroidStudioガイドをご覧ください ビルドタイプ、フレーバー、ビルドバリアント 詳細については!このチュートリアルでは、いくつかの設定を行う必要があります AndroidサインGooglePlayデプロイ 手順-だから目をむいてください!

マルチフレーバーAPKの生成

いくつかの異なるフレーバーのAPKファイルを生成するには:

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. 入れる Gradleランナー Androidのテスト手順を実行します。 Androidビルド ステップで作成できるバリアントは1つだけなので、このステップがワークフローの一部である場合は、次のステップに置き換えることをお勧めします。 Gradleランナー ステップ。

  5. クリック 構成 ステップのセクション。

  6. 特定 組み立てる ビルドバリアントのタスク名をに追加してタスクをGradleします 実行するGradleタスク ステップ入力フィールド-1つのワークフローでビルドするビルドバリアントの数と同じ数のタスク名。各タスク名は、リストに記載されているものとまったく同じビルドバリアント名である必要があります。 ビルドバリアント Android Studioのウィンドウ!カンマを使わずに、スペースだけで区切るようにしてください。このイメージでは、デプロイワークフローのステップの順序と 実行するGradleタスク 2つのビルドバリアントを使用したステップ入力:

    assembleDemoassembleFull (APKの場合)または bundleDemobundleFull (AABの場合)

    Generate and deploy multiple flavor APKs in a single workflow
  7. Gradleランナー を生成します $BITRISE_APK_PATH_LIST / $BITRISE_AAB_PATH_LIST 上記で定義されたすべてのビルドバリアント用にビルドされたAPK / AABを含む環境変数出力。この出力環境変数は後で必要になります。

マルチフレーバーAPKの署名とデプロイ

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. 1つ追加します Androidサイン 後のステップ Gradleランナー ワークフローに含まれていない場合は手順を実行します。

  5. をセットする アプリのファイルパス への入力 $BITRISE_APK_PATH_LIST また $BITRISE_AAB_PATH_LIST 以前に作成したアプリ形式によって異なります Gradleランナー ステップ。

    これにより、すべてのAPKまたはAABが、アップロードしたキーストアファイルで署名されたコードを確実に取得します。 コード署名 タブ。ステップはいずれかをエクスポートします $BITRISE_SIGNED_APK_PATH_LIST または $BITRISE_SIGNED_AAB_PATH_LIST 各ビルドバリアントの署名付きアプリファイルのパスを含む環境変数の出力。

  6. に次の入力フィールドを設定していることを確認してください Androidサイン ステップ:

    • キーストアのURL

    • キーストアのパスワード

    • キーストアエイリアス

  7. 追加します GooglePlayデプロイ 後のステップ Androidサイン ステップ。

  8. をセットする $BITRISE_SIGNED_APK_PATH または $BITRISE_SIGNED_AAB_PATH の環境変数 APKまたはアプリバンドルのファイルパス 入力フィールドをステップして、 GooglePlayデプロイ ステップは、すべてのビルドバリアントをアプリストアにリリースできます。