Skip to main content

GitHubWebhookの追加

概要

GithubでWebhookを指定して、コードのプッシュやプルリクエストなどの指定されたアクションを実行するたびに、Bitriseがアプリのビルドを自動的にトリガーするようにすることができます。

GitHub App integration

If you connect your GitHub account or organization to Bitrise via the GitHub App integration, you don't need a webhook for any purpose.

コードプッシュやプルリクエストなどの指定されたアクションを実行するたびにBitriseがアプリのビルドを自動的にトリガーするように、Webhookを指定できます。 GitHubの場合、あなたがしなければならないのはあなたの登録することだけです bitrise-webhooks あなたのWebhookとしてのURL GitHub リポジトリ。

In addition, you can take advantage of Git Insights. Git Insights enables you to quantify and optimize Git collaboration. It provides crucial metrics like pull request cycle time and merge frequency.

Webhookは自動または手動で登録できます。このガイドでは、Webhookを手動で登録するプロセスについて説明します。

  1. Bitriseでアプリを開くには、 管理者 アプリチームでの役割

  2. に移動します 設定 タブ。

    app-settings.png
  3. 左側で、 統合

  4. クリック Webhookを手動で設定する

  5. ポップアップウィンドウで、ドロップダウンメニューからGitHubを選択します。

    apps-webhooks-select.png
  6. WebhookのURLをコピーします。

  7. GitHubリポジトリに移動し、 設定

    Adding a GitHub webhook
  8. 選択する Webhookを追加するWebhook

    Adding a GitHub webhook
  9. GitHub WebhookURLをBitriseからに貼り付けます ペイロードURL

    Adding a GitHub webhook
  10. 同じページで、 個々のイベントを選択させてください

    Adding a GitHub webhook
  11. 選択する プルリクエスト押す

  12. を押します Webhookを追加する ボタンをクリックすれば完了です。