自分のマシンでビルドをデバッグする

Bitriseでビルドが失敗した場合は、ローカルのマシンで実行することをお勧めします。これを行うには、次のようにします。

  • プロジェクトのオンラインリポジトリの完全にクリーンなgitクローンを作成します。

  • BitriseCLIを使用してマシンでビルドを実行します。

これは、とりわけ、非常に一般的な問題を排除するのに役立ちます。コミットされていないファイルまたはgitignoredファイルは作業ディレクトリにありますが、オンラインでgitリポジトリにコミットされていないため、Bitriseがリポジトリを複製して実行するときに使用できません。建てる。その他の考えられる問題は次のとおりです。

  • コード署名ファイルはローカルマシンに存在しますが、Bitriseにはアップロードされません。

  • ビルドに使用されるツールのバージョンの違い。

完全にクリーンなgitクローンを使用したテスト

  1. マシンでターミナル/コマンドラインインターフェイスを開きます。

  2. 次のように入力します。 cd /tmp

  3. 次の方法でリポジトリのクローンを作成します。 git clone REPOURL ./quick-repo-test --branch BRANCH-YOU-WANT-TO-TEST

    git clone https://github.com/bitrise-io/bitrise.git ./quick-repo-test --branch master
  4. タイプ cd ./quick-repo-test.

テストするコマンドを実行するか、プロジェクトをビルドするか、このディレクトリからプロジェクトファイルを開きます。

BitriseCLIを使用したテスト

完全にクリーンなgitクローンを実行した後、を使用してローカルでビルドを実行します Bitrise CLI

  1. BitriseCLIをインストールします

  2. アプリをダウンロードする bitrise.yml からのファイル bitrise.io

  3. 次のコマンドでビルドを実行します。 bitrise run <workflow-name> (例えば、 bitrise run primary)。

これにより、ほとんどの場合、問題の再現に役立ち、自分のマシンで問題のデバッグを試みることができます。

これらの条件下でビルドが成功したが、それでもBitriseで失敗した場合は、 サポートにお問い合わせください!

Androidプロジェクト

それでも問題をローカルで再現できない場合は、 $HOME/.gradle (隠し)ディレクトリ、Gradleキャッシュをクリアします。 (クイックターミナル/コマンドラインコマンド: rm -rf $HOME/.gradle)。

クリーンなgitクローンからdockerを実行します

プロジェクトでAndroid / Linux環境を使用している場合は、ビルドが実行されている環境とまったく同じ環境をダウンロードして使用できます。 bitrise.io

理想的には、最初にクリーンなgitクローンを作成して実行する必要があります docker そこから、あなたの中にあるファイルが .gitignore ビルドには影響せず、ビルドはと同じように実行できます bitrise.io