入門

Bitriseにサインアップする

いずれかのGitサービスプロバイダーにサインアップすると、Bitriseアカウントをそのサービスプロバイダーのアカウントに接続することになります。接続されたアカウントを使用すると、Bitriseにそのアカウントの任意のリポジトリへのアクセスを許可できます。

サインアップ後、Bitriseアカウントをサポートされている3つのGitサービスプロバイダーすべてに接続できます。たとえば、GitHubにサインアップした後、BitriseアカウントをGitLabアカウントとBitbucketアカウントの両方に接続して、それらのアカウントにあるリポジトリにアクセスすることもできます。

最初のワークスペースの作成

サインアップ後、最初の作成を求めるメッセージが表示されます ワークスペース。ワークスペースは、Bitriseアプリとアプリで作業しているチームメンバーを管理できる環境です。アプリを追加してビルドの実行を開始するには、ワークスペースが必要です。複数のワークスペースを作成したり、他のBitriseユーザーからワークスペースに招待したりできます。

独自の有料サブスクリプションにサインアップするには、独自のワークスペースを作成する必要があります。私たちをチェックしてください 価格ページ 詳細については。

新しいアプリを追加する

Bitriseに新しいアプリを追加するということは、GitリポジトリをBitriseに接続し、リポジトリのクローンを作成してからビルドできるようにすることを意味します。

をクリックして、いつでも新しいアプリを追加できます + 上部のメニューバーに記号を表示してから、 アプリを追加 ドロップダウンメニューから。

Adding a new app

初期構成プロセスの一環として、次のことを行います。

  • アプリがプライベートかパブリックかを決定します。プライベートアプリデータは、アプリでの作業に招待されたユーザーのみが利用できます。公開アプリについては、 公開アプリ ガイド。

  • リポジトリを指定します。リポジトリは、GitHub、GitLab、またはBitbucketリポジトリ、手動リポジトリURL、または自己ホスト型GitLabリポジトリのいずれかです。

  • SSHキーを登録します。これにより、Bitriseがリポジトリにアクセスできるようになるため、ビルドプロセス中にリポジトリのクローンを作成できます。

  • 構築するブランチを指定します。

これはすべて後で変更できます。とにかく、新しいアプリの追加には数分かかるため、いつでも最初からプロセスを実行できます。

プロセスの一環として、Bitriseはリポジトリをスキャンして検証し、スキャンの結果に基づいてアプリの構成をセットアップします。構成ファイルに基づいてアプリのプラットフォームタイプを検出できます。検証が失敗した場合は、アプリを手動で設定できます。

私たちのプロセスの詳細をお読みください 新しいアプリを追加する ガイド。

Webhookとトリガー

新しいアプリを追加するプロセスの一部として、または後でいつでもWebhookを設定できます。 Webhookを使用すると、Bitriseはサードパーティのサービスと通信できます。たとえば、GitHubリポジトリに設定されたBitrise Webhookを使用すると、リポジトリでguilabelが変更されたときに、Bitriseがビルドを自動的に開始できます。

Webhookを設定したら、トリガーを定義して、ビルドを自動的に開始するタイミングを構成します。次の設定を行うことができます。

  • ビルドをトリガーするイベント:たとえば、guilabelプッシュまたはプルリクエスト。

  • ビルドをトリガーできるリポジトリのブランチ:たとえば、 主人 また 開発者

Getting started

これは、たとえば、プルリクエストが開かれたときにビルドを開始するトリガーを設定できることを意味します。 主人 ブランチ。

トリガーが機能するには、Webhookが必要です。 Webhookの詳細については、Webhookガイドをご覧ください。トリガーについては、トリガービルドガイドをご覧ください。

ビルドとワークフロー

アプリを追加すると、最初のビルドが自動的に開始されます。ビルドを表示するには、ダッシュボード(Bitriseにログインした後の最初のページ)に移動し、アプリを選択して、 ビルド ビルドにアクセスするためのタブ。

ビルドは一連のジョブであり、アプリのワークフローエディターで定義された順序で実行されます。ジョブはステップと呼ばれ、スクリプト実行のブロックを表します。ステップはワークフローエディターのグラフィカルUIに配置でき、リポジトリのクローン作成、アプリのビルド、テストの実行、相互の値の受け渡し、開発者への通知メッセージの送信など、さまざまなことを実行できます。

Getting started

関連ガイドでワークフローとステップの詳細をお読みください。

  • ワークフロー

  • ステップ

ビルドのログは、ビルドのページで表示できます。 ビルド タブをクリックして、必要なビルドを選択します。

すべてのビルドは、ビルドの完了後に破棄されるクリーンな仮想マシンで実行されます。詳細については、仮想マシンガイドをご覧ください。

テストと展開

アプリのテストアプリのデプロイ どちらもステップの助けを借りて行われます。プラットフォームの種類に基づいて、これら両方の機能専用のステップがあります。 Bitriseでは、単体テスト、UIテスト、および実際のデバイステストがすべて可能です。テスト展開

アプリのテスト、ビルド、準備ができたら、GooglePlayやAppStoreなどの選択したストアにアプリをすばやくデプロイできます。迅速で効率的な導入ソリューションであるShipをご覧ください。 船での展開展開