ビルド

Bitriseビルドは、アプリによって指定された一連のジョブです。 ワークフロー のコレクションです ステップ。アプリのビルド構成は、 bitrise.yml構成ファイル で変更できます bitrise.ioのグラフィカルワークフローエディタまたはローカル。ファイルはに保存することができます bitrise.io また アプリのGitリポジトリ内

ビルドの実行中、ステップを定義するスクリプトは、ワークフローで定義した順序で、設定した入力パラメーターを使用して実行されます。それらは、実行可能バイナリ、スクリーンショット、テストレポート、変数などを含むがこれらに限定されない、他のステップが使用できる複数の異なる出力を生成できます。

ビルドプロセスは次のとおりです。

  1. ビルドを開始します、手動または自動トリガーのいずれか。

  2. 環境の準備:仮想マシンがプロビジョニングされ、ビルドを実行する準備が整います。特定のビルド 環境変数 これらはステップで使用できるように事前設定されています。使用可能なスタックの詳細については、ワークフローエディタの スタック タブ。

  3. ワークフローの実行:ワークフローのステップは、アプリケーションのワークフローエディターで定義されているのと同じ順序で上から下に実行されます。ステップをドラッグして並べ替えることができます。各ステップで生成されるログは、ビルドの詳細ページに表示されます。

  4. クリーンアップ:ビルドの実行後、ビルドログが作成され、Bitriseサーバーに保存されます。 NS ビルドを実行している仮想マシン が破壊されるため、コード/ファイルが悪用されることはありません。

    200日間のビルド保持

    ビルド アプリのページには、過去200日間のビルドのみが表示されます。あなたがいる場合も同じ制限が適用されます 特定のビルドを検索する ページ上。この制限は、API呼び出しにも適用されます。 GET/apps/{app-slug}/builds エンドポイントおよび関連するエンドポイントは、過去200日間のビルドのみを返すことができます。

    ただし、正確なビルドURLがわかっている場合は、200日より古いビルドを表示できます。古いビルドを表示する必要があるが、正確なビルドURLがわからない場合は、サポートチームにお問い合わせください。

ビルドが完了した後、ユーザーは次のことができます メールで通知、またはできます 独自のSlack統合をセットアップする、 例えば。