Androidアプリバンドルの生成と展開

Bitriseを使用してAndroidアプリバンドルを作成することは、APKを生成することとほとんど同じです。いくつかのステップ入力を調整してコードからAndroidアプリバンドル(.aab)ファイルをコンパイルし、バンドルに署名してGooglePlayストアにデプロイするだけです。

バンドル作成をサポートするステップバージョン

次のステップは、指定されたバージョン以降である必要があります。古いバージョンのステップは、バンドルの作成をサポートしていません。

  • Androidビルド0.10.0以降

  • Gradle Runner1.9.0以降

  • Android Sign1.3.0以降

  • Google Play1.6.0以降にデプロイする

Androidアプリバンドルファイルの生成

Androidアプリバンドルは、次のいずれかを使用して作成できます。 Gradleランナー ステップまたはで Androidビルド ステップ。

Gradleランナーステップの使用

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. を挿入します Gradleランナー 後のステップ AndroidユニットテストAndroid Lint ワークフローのステップ(ビルドステップがまだ存在しない場合)。

  5. クリック 構成 のセクション Gradleランナー

  6. の中に 実行するGradleタスク 入力フィールド、セット、たとえば、 bundleRelease また bundleDebug プロジェクトのバンドルを作成します。

    Generating and deploying Android app bundles

このようにして、ステップはAPKの代わりにAndroidアプリバンドルを生成します。

1つのワークフローでAndroidアプリバンドルとAPKを生成する場合は、で追加のタスクを指定できます。 実行するGradleタスク 入力フィールド:

Generating and deploying Android app bundles

Androidビルドステップの使用

あなたは私たちのAndroidアプリのためのAndroidアプリバンドルを生成することができます Androidビルド ステップも:

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. 追加します Androidビルド 後のステップ AndroidユニットテストAndroid Lint ワークフローのステップ(ビルドステップがまだ存在しない場合)。

  5. Androidプロジェクトのルートディレクトリを プロジェクトの場所 入力フィールド。

  6. に移動 ビルドタイプ 選択します aab ビルドタイプとして。

    Generating and deploying Android app bundles

1つのワークフローでAPKとAndroidアプリバンドルを生成する場合は、2つ追加します Androidビルド 次々と手順を実行し、一方をAndroidアプリバンドルを構築するように構成し、もう一方をAPKを構築するように構成します。

 

 

  •  

  •  

 

  1.  

  2.  

    Generating and deploying Android app bundles

 

AndroidアプリバンドルをGooglePlayにデプロイする

AABファイルのデプロイは、APKをGooglePlayにデプロイすることと大きな違いはありません。

アプリストアの配布前にバンドルを確認したい場合は、 Bitrise.ioにデプロイします 後のステップ Gradle Runner / Androidビルド ステップ。バンドルをにアップロードします アプリとアーティファクト ビルドのページのタブ。

初めてGooglePlayの展開を設定する

Google Playにデプロイすると、アプリがGoogleのオンラインストアに公開されます。初めてそれを行うとき、これは単にに展開するよりも少し多くの作業を必要とします bitrise.io。必要な構成が整ったら、それは非常に簡単になります。

Google Playのデプロイを初めて構成するときは、Google PlayデベロッパーアカウントをAPIプロジェクトにリンクし、APIアクセスを設定して、サービスアカウントのJSONキーをBitriseにアップロードする必要があります。

  1. 最初のAABまたはAPKを手動でGooglePlayにアップロードします GooglePlayコンソールを使用する

  2. リンク GooglePlayデベロッパーコンソールをAPIプロジェクトに変換します。

  3. サービスアカウントを使用してAPIアクセスクライアントを設定する:Google Developer Consoleでサービスアカウントを作成するときは、選択する必要があることに注意してください json なので キータイプ

  4. あなたのサービスアカウントに必要な権利を付与します GooglePlayコンソール。に移動 設定、 それから ユーザーと権限、 それから 新しいユーザーを招待する。 Google Play Publisher APIの動作方法により、サービスアカウントに少なくとも次の権限を付与する必要があります。

    • アクセスレベル:アプリ情報を表示します。

    • リリース管理:本番リリースを管理し、テストトラックリリースを管理します。

    • 店舗のプレゼンス:店舗のリスト、価格設定、配布を編集します。

  5. オプションの手順として、ストアリストに翻訳を追加できます。 アプリを翻訳してローカライズする

  6. でアプリを開きます ビットライズ

  7. に移動します ワークフロー タブ。

  8. に移動します コード署名 タブをクリックして、サービスアカウントのJSONキーをにアップロードします 一般的なファイルストレージ

GooglePlayへのデプロイ

Google Playにデプロイするには、署名済みのAPKまたはAABファイルと GooglePlayデプロイ ステップ。

  1. アプリを初めてデプロイする場合は、 GooglePlayの設定が正しく設定されていることを確認してください

  2. でアプリを開きます ビットライズ

  3. に移動します ワークフロー タブ。

  4. に移動します コード署名 タブをクリックしてコピーします 環境変数 アップロードしたサービスアカウントのJSONキーファイルのURLを保存するキー。

  5. をコピーします 環境変数 アップロードしたファイルのURLを保存するキー。

    例えば: BITRISEIO_SERVICE_ACCOUNT_JSON_KEY_URL

  6. ワークフローを開き、を追加します GooglePlayデプロイ それにステップします。

  7. の中に サービスアカウントのJSONキーファイルパス 入力し、サービスアカウントのJSONキーをアップロードしたときに生成された環境変数を 一般的なファイルストレージ。生成されたEnvVarに加えて、ステップの入力フィールドにファイルパスを追加することもできます。ファイルパスはローカルまたはリモートにすることもできます。

    • リモートJSONキーファイルの場合、たとえば、任意のダウンロード場所を値として指定できます。 https://URL/TO/key.json

    • ローカルJSONキーファイルの場合、ファイルパスのURLを値として指定できます。たとえば、 file://PATH/TO/key.json

  8. の中に パッケージ名 入力し、アプリのパッケージ名を追加します。

  9. の中に 追跡 入力して、APKをデプロイするトラックを追加します(たとえば、alpha / beta / rollout / productionまたは設定したカスタムトラック)。

それで全部です!ビルドを開始またはスケジュールして、URLを外部テスターと共有するか、選択したアプリストアでアプリを配布してください。