iOSコード署名ファイルの管理-手動プロビジョニング

概要

To manage your code signing files manually, you need to upload your .p12 signing certificates and the app's provisioning profiles to Bitrise. There are multiple ways to do this.

コード署名ファイルを管理する bitrise.io。プロビジョニングプロファイルと.p12証明書を codesigndoc ツールを使用してから、手動またはツールを使用してBitriseにアップロードします。

手動プロビジョニングを設定するには、少なくとも開発者証明書と開発タイプのプロビジョニングプロファイルを常にアップロードする必要があります。これは、Xcodeステップでアプリを適切にテストおよびビルドできるようにするために必要です。

コード署名ファイルの生成

必要なコード署名ファイルの準備ができていない場合は、新しいファイルを生成できます。 iOSコード署名ファイルの生成

コード署名ファイルをBitriseにアップロードするには、最初にファイルを.p12ファイル形式でエクスポートする必要があります。これは手動で行うか、Bitriseのオープンソースを使用して行うことができます。 codesigndoc 道具。ファイルを正常にエクスポートしたら、それらをBitriseにアップロードする必要があります。 3つのオプションがあります。

コード署名ファイルをBitriseに手動でアップロードするには:

  1. .p12証明書とプロビジョニングプロファイルがエクスポートされ、準備ができていることを確認してください。次の2つのオプションのいずれかを使用して、ファイルをエクスポートできます。

  2. でアプリを開きます ビットライズ

  3. に移動します ワークフロー タブ。

  4. に移動します コード署名 タブ。

  5. そうでない場合は、それらをに追加します プロビジョニングプロファイルを追加します そしてその 署名用の秘密鍵(.p12)を追加します それぞれフィールド。

    Uploading certificates and Provisioning Profiles

    MacOSアプリの場合、プロビジョニングプロファイルファイル拡張子は次のとおりです。 .provisionprofile; iOSアプリの場合、ファイル拡張子は .mobileprovision

  6. あなたが持っていることを確認してください 証明書とプロファイルのインストーラー アプリのワークフローにステップインします。あなたはそれをチェックすることができます ワークフロー ワークフローエディタのタブ。

    これらの手順は次のようにする必要があることに注意してください アプリをアーカイブおよびエクスポートする手順(たとえば、 iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート)ワークフロー内。