iOSコード署名ファイルの管理-手動プロビジョニング

コード署名ファイルを管理する bitrise.io。プロビジョニングプロファイルと.p12証明書を codesigndoc ツールを使用してから、手動またはツールを使用してBitriseにアップロードします。

で必要なすべてのファイルを収集した場合 codesigndoc ツールを使用して、それらのアップロードとワークフローの設定に進みます。ファイルを手動でアップロードすることも、 codesigndoc ツールも!

Xcodeマネージド署名

私たちはサポートします 署名を自動的に管理する Xcode8で導入されたオプション。この場合、ローカルマシンに目的のタイプの.ipaを作成して、Xcodeに必要なプロファイルを生成させてから codesigndoc これらを集めることができます。アプリが変更され、Xcodeがプロファイルを再生成する場合は、これらのプロファイルもBitriseに再アップロードする必要があります。

手動プロビジョニングを設定するには、少なくとも開発者証明書と開発タイプのプロビジョニングプロファイルを常にアップロードする必要があります。これは、Xcodeステップでアプリを適切にテストおよびビルドできるようにするために必要です。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します コード署名 タブ。

  4. プロビジョニングプロファイルと.p12ファイルがアップロードされていることを確認してください。

    そうでない場合は、それらをに追加します プロビジョニングプロファイルを追加します そしてその 署名用の秘密鍵(.p12)を追加します それぞれフィールド。

    Uploading certificates and Provisioning Profiles

    MacOSアプリの場合、プロビジョニングプロファイルファイル拡張子は次のとおりです。 .provisionprofile; iOSアプリの場合、ファイル拡張子は .mobileprovision

  5. あなたが持っていることを確認してください 証明書とプロファイルのインストーラー アプリのワークフローにステップインします。あなたはそれをチェックすることができます ワークフロー ワークフローエディタのタブ。

    これらの手順は次のようにする必要があることに注意してください アプリをアーカイブおよびエクスポートする手順(たとえば、 iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート)ワークフロー内。

もしも codesigndoc 1つ以上の配布.p12ファイルやプロビジョニングプロファイルを取得しない場合は、それらを手動でエクスポートできます(.p12ファイルは キーチェーンアクセス アプリ、からのプロビジョニングプロファイル Appleデベロッパポータル)、Mac間でこれらのファイルを転送するときと同じように。

しかし、たとえ codesigndoc すべてのファイルが見つからないため、によって収集されたすべてのファイルをアップロードする必要があります codesigndoc**!によって収集されたベースファイル codesigndoc アプリのコード署名には不可欠です。これらがないと、アプリの署名付き.ipaを作成できません。