CLIからの新しいアプリの追加

新しいBitriseアプリは、任意のコマンドラインインターフェイスから簡単に登録できます。プロセスはガイド付きで、簡単に実行できます。そしてそれは速いです:例えば、あなたが持っているなら bitrise.yml アプリに使用するファイルの場合、スキャナーがアプリの種類を検出して生成するのを待つ必要はありません。 bitrise.yml ファイル。既存のファイルをプラグインするだけで、準備完了です。

APIを使用したアプリの追加

BitriseAPIを使用して新しいアプリを追加することもできます。 アプリの追加と管理

CLIを使用してBitriseに新しいアプリを追加する前に、いくつかの順序が整っていることを確認してください。

  • 接続されたGitプロバイダーを持つBitriseアカウントが必要です。

  • プロジェクトには、マシンにローカルGitリポジトリがあり、Gitプロバイダーにリモートリポジトリが必要です。 SSHキーを使用してリポジトリにアクセスする場合は、 リモートリポジトリのURLはSSHURLである必要があります!例えば、 git@github.com:example-user/example.git

を作成することもできます bitrise.yml 事前に、作成プロセス中にアプリに追加することができます。これはオプションです。当社のWebサイトと同様に、プロセス中にスキャナーに生成させることができます。

この手順では、BitriseがSSHキーを使用してアクセスするアプリを追加する方法について説明します。これには、アプリのリモートリポジトリに次のようなSSHURLが含まれている必要があります。 git@github.com:example-user/example.git

もちろん、HTTPS URLを使用してリモートリポジトリにアクセスすることもできます。その場合、アプリにSSHキーを設定することはありません。パブリックアプリ(オープンソースプロジェクト)にはHTTPSURLのみを使用することをお勧めします。

  1. に移動します CLIから新しいアプリを作成する ページ。

    あなたはあなたからこのページに到達することができます ダッシュボード: クリック 新しいアプリを追加する 右側のボタンをクリックして、 CLIから新しいアプリを追加する

    Adding a new app from a CLI
  2. アプリを所有するアカウントとアプリのプライバシーを設定します。

  3. そこにあるcurlコマンドをコピーします。

    Adding a new app from a CLI
  4. コマンドラインインターフェイスを開きます。

  5. ディレクトリをプロジェクトの場所に変更します。

  6. curlコマンドを貼り付けて、 入力

  7. リポジトリのURLを選択します。 SSH オプション。

    このプロンプトは、ローカルリポジトリのリモートにSSHURLがある場合にのみ表示されます。リモートリポジトリにHTTPSURLがある場合、このプロンプトは表示されません。

    Remote URL: git@github.com:example-user/example.git
    
    ? Select repository URL::
        https://github.com/example-user/example.git
      > ssh://git@github.com:example-user/example.git
    
  8. SSHキーを登録します。

     Specify how Bitrise will be able to access the source code: 
     > Automatic
       Add own SSH      

    自動登録を選択するか、独自の登録を追加することを選択できます。

    • 自動を選択した場合、Bitriseは自動的にキーペアを生成します。追加のプライベートリポジトリまたはサブモジュールを使用する必要がある場合は、プロンプトが表示されたら[必要]オプションを選択し、指示に従います。そうでない場合は、[いいえ、SSHキーの自動追加]オプションを選択します。これにより、公開キーがリポジトリに自動的に追加されます。

    • 独自のパスを追加する場合は、SSHキーファイルへのパスを指定する必要があります。手動で入力するか、ファイルをドラッグアンドドロップしてパスを入力します。

  9. 何を決める bitrise.yml アップロードしたいファイル。

    ? What bitrise.yml do you want to upload? 
      > Run the scanner to generate a new bitrise.yml
        Use the bitrise.yml found in the current directory or specify manually

    プロジェクトファイルに基づいてスキャナーに生成させるか、ファイルを提供することができます。リポジトリにすでに bitrise.yml ファイルの場合、そのパスが自動的に入力されます。

  10. 使用するブランチを選択します。

    デフォルトのオプションは、現在アクティブなブランチです。

    The current branch is: master (tracking: origin master),
        
    ? Do you want to run the scanner for this branch?
      > Yes
        No
    

    選択した場合 No、使用するブランチをチェックアウトするように求められたら、もう一度Enterキーを押して、スキャナーを起動できるようにします。

    スキャナーが完了すると、アプリのタイプを検出するか、手動構成に切り替わります。手動構成とは、アプリの種類(iOS、Android、React Native、Flutterなど)を選択し、関連する構成ファイルへのパスを指定する必要があることを意味します。たとえば、 config.xml Ionicアプリの場合。このガイドでは、自動検出について説明します。

  11. 使用するスタックを選択します。

    スキャナーがプロジェクトタイプを検出すると、スタックが自動的に推奨されますが、必要に応じてCLIで変更できます。上記のように手動構成を実行した場合は、スタックも選択する必要があります。

  12. Webhookとコード署名ファイルを設定してプロセスを終了します。

    • Webhook登録をスキップすることもできますが、Bitriseでビルドを自動的にトリガーする必要があります。詳細については: Webhook

    • コード署名ファイルをアップロードできます。アプリの種類に応じて、iOSコード署名ファイル(ツールはcodesigndocを実行します)やAndroidキーストアファイルをアップロードするかどうかを尋ねられます。これらのファイルは、Webサイトでいつでもアップロードできます。詳細については: コード署名

以上です!これで完了です。新しいアプリのURLが印刷され、アプリをで表示することもできます。 ダッシュボード