IonicおよびCordovaプロジェクトのiOSコード署名

概要

Bitrise supports both manual and automatic provisioning for the iOS code signing of Ionic and Cordova apps as well. The code signing process is somewhat different compared to a native Xcode project.

当然、Bitriseはどちらかで構築されたiOSアプリケーションをサポートします イオン また コルドバ。ただし、コード署名プロセスは、ネイティブXcodeプロジェクトとは少し異なります。

Bitriseは、IonicアプリとCordovaアプリの手動プロビジョニングと自動プロビジョニングの両方をサポートしています。また、プロセスは多少異なります。

手動プロビジョニングによるIonic / Cordovaコード署名

  1. を呼び出して、IonicまたはCordovaプロジェクトからローカルにネイティブXcodeプロジェクトを生成します cordova platform add ios また ionic cordova platform add ios

  2. 私たちを使用してください codesigndoc するツール コード署名ファイルを収集する

  3. ファイルをにアップロードする bitrise.io

    これは、WebサイトのUIまたは codesigndoc ツール自体。

    Uploading certificates and Provisioning Profiles
  4. あなたが持っていることを確認してください 証明書とプロファイルのインストーラー ワークフローにステップインします。

  5. 追加します Cordovaビルド構成を生成する ワークフローに進みます。それは後に来なければなりません 証明書とプロファイルのインストーラー ステップ。

  6. ステップに必要な入力を入力します。両方が コード署名ID そしてその プロビジョニングプロファイル そのようにマークされていなくても、iOSアプリに必要な入力です。

    • ビルド構成:どちらかに設定できます debug また release

    • コードサインアイデンティティ:開発者またはディストリビューションIDを入力します。

    • プロビジョニングプロファイル:適切なプロビジョニングプロファイルを入力します。

    • 包装タイプ:これは、Xcodeによって生成されるビルドのタイプを制御します。必要なコード署名のタイプを設定します。

      Code signing with Ionic and Cordova projects
  7. 追加します Cordova archive または Ionic archive ワークフローへのステップ。

  8. 必要な入力を入力します。

    • NS プラットホーム 入力は次のように設定する必要があります。 device

    • NS ビルドコマンド構成 入力は一致する必要があります ビルド構成 の入力 Cordovaビルド構成を生成する ステップ。

    このステップは、 Cordovaビルド構成を生成する ワークフローにステップインします。

  9. ビルドを実行してください!

自動プロビジョニングによるIonic / Cordovaコード署名

  1. .p12署名証明書がにアップロードされていることを確認してください bitrise.io

    使用する場合 codesigndoc ファイルを収集するには、次のコマンドを呼び出すことで、証明書のみをエクスポートするようにツールに指示できることに注意してください。

    codesigndoc scan --certs-only xcode  

    codesigndoc ファイルをWebサイトにアップロードすることも、手動でアップロードすることもできます。

  2. 追加します コルドバ準備 または イオン準備 ワークフローに進みます。これらのステップは、 platform rmplatform add コマンド。

  3. 追加します iOS自動プロビジョニング ワークフローに進みます。最新バージョンであることを確認してください!

    ステップはエクスポートします:

    • プロジェクトの開発チーム。

    • インストールされたコードサインIDの名前。

    • インストールされたプロビジョニングプロファイル。

    1つのコード署名ステップのみ

    あなたが両方を持っている場合 証明書とプロファイルのインストーラー そしてその iOS自動プロビジョニング ワークフローのステップで、ビルドで予期しない問題が発生する可能性があります。

  4. を選択 Appleサービスの接続方法 (に基づく Bitriseで設定したAppleサービス) そしてその 配布方法

    manageioscodesigning.png
  5. 追加します Cordovaビルド構成を生成する ワークフローに進みます。

  6. によってエクスポートされたコード署名設定を使用するようにステップを構成します。 iOS自動予見 ステップ:

    開発配布例

    - generate-cordova-build-configuration:
        inputs:
        - development_team: $BITRISE_DEVELOPER_TEAM 
        - package_type: development 
        - code_sign_identity: iPhone Developer
        - configuration: debug
    

    生産流通例

    - generate-cordova-build-configuration:
        inputs:
        - development_team: $BITRISE_DEVELOPER_TEAM 
        - package_type: app-store 
        - code_sign_identity: iPhone Developer
        - configuration: release
    
  7. 追加します コルドバアーカイブ または イオンアーカイブ ワークフローに進みます。

  8. 必要な入力を入力します。

    • NS プラットホーム 入力は次のように設定する必要があります。 device

    • NS ビルドコマンド構成 入力は一致する必要があります ビルド構成 の入力 Cordovaビルド構成を生成する ステップ。

      Code signing with Ionic and Cordova projects
  9. をセットする 準備ステップとしてプラットフォームを削除する必要がありますか?false。これは非常に重要です。これにより、ステップで生成されたネイティブプロジェクトのプラットフォームが削除および再追加されないようになります。 コルドバ準備 または イオン準備 ステップ。

  10. ビルドを実行してください!