キーストアファイルのダウンロード

あなたはあなたのAndroidアプリのキーストアファイルの場所を定義することができます build.gradle ファイル。キーストアファイル自体がその場所にない場合は、ファイルダウンロード手順の1つを使用して、Bitriseからキーストアファイルをダウンロードし、定義された場所に配置できます。

Bitriseには、ファイルをダウンロードする2つのステップがあります。 コード署名 タブ。ワークフローでどちらを使用するかは、キーストアファイルをどこにアップロードしたかによって異なります。 コード署名 タブ:

  • ファイルダウンローダー 手順:キーストアファイルをにアップロードした場合 Androidキーストアファイル キーストアファイルの推奨される場所であるセクション。これは、使用する必要のあるステップです。ファイルがアップロードされると、Bitriseは環境変数を割り当てます(BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_URL)ファイルのダウンロードURL(期間限定の読み取り専用ダウンロードURL)を値として指定します。

    Downloading a keystore file
  • 汎用ファイルストレージ 手順:キーストアファイルをにアップロードした場合 一般的なファイルストレージ のセクション コード署名 タブ、これはあなたが使用すべきステップです。 Bitriseは環境変数を割り当てます($GENERIC_FILE_STORAGE)ファイルのダウンロードURL(期間限定の読み取り専用ダウンロードURL)を値として指定します。で環境変数を使用する場合 build.gradle ファイル、あなたは使用することができます 脚本 環境変数の値を、で定義された宛先パスで上書きする手順 $GENERIC_FILE_STORAGE 環境変数。必ず使用してください envman 単純なエクスポートだけではありません。

    Downloading a keystore file
  1. いずれかを追加します ファイルダウンローダー または 汎用ファイルストレージ ワークフローに進みます。ステップは、前に追加する必要があります Gradleランナー ステップ。

  2. あなたが使用する場合 ファイルダウンローダー ステップ、次の2つの入力フィールドに入力します。

    • ソースURLをダウンロード:ファイルをにアップロードするときに取得する生成されたキーストアURLを設定します Androidキーストアファイル のセクション コード署名 タブ)。

    • 宛先パスをダウンロードする:キーストアファイルの場所を相対パスとして設定します。このパスは、ですでに定義されているキーストアパスと同じである必要があります build.gradle ファイル(たとえば、 $HOME/keystores/project_release.keystore)。

  3. 追加します Gradleランナー ファイルのダウンロードステップの直後にステップします。

そうは言っても、キーストアファイルをで指定したのと同じ場所にダウンロードする手順を正常に追加した場合 build.gradle ファイル、あなたは必要ありません Androidサイン ワークフローにステップインします。私たちの Gradleランナー ステップはあなたのプロジェクトに署名して組み立てます。