オンラインでアーティファクトを作成する

Bitriseでのビルドは、アーティファクトを生成する可能性があり、多くの場合、生成されます。たとえば、テストレポート、イメージ、実行可能バイナリなどです。アプリのビルドを選択した場合は、 アプリとアーティファクト タブで、ビルド中に生成されたアーティファクトを確認できます。

すべてのファイルタイプがサポートされており、 アプリとアーティファクト。ファイルの種類に応じて、をクリックするとアーティファクトをインラインで表示できます。 アイコンを表示するか、ローカルコンピュータにダウンロードします。

デプロイされるファイルの数に制限はありません アプリとアーティファクト ビルドごと。ただし、ファイルサイズには1ファイルあたり2GBの制限があります。

アーティファクトへのファイルのデプロイ

アーティファクトはにデプロイされます アプリとアーティファクト ビルドのページのセクション Bitrise.ioにデプロイします ステップ。ビルド中に生成されたすべてのファイルをデプロイし、それらをに保存します $BITRISE_DEPLOY_DIR ディレクトリ。

アーティファクトをデプロイするには、 Bitrise.ioにデプロイします アーティファクトを生成するステップの後のステップ、または Bitrise.ioにデプロイします ステップはワークフローの最後にあります。

ステップを適切な場所に配置します

追加します Bitrise.ioにデプロイします 適切な場所に足を踏み入れてください。ビルド中にファイルを生成する他のステップの前にステップを挿入すると、 Bitrise.ioにデプロイします デプロイするものは何もありません。

デプロイディレクトリで見つかったサブディレクトリのコンテンツは、 アプリとアーティファクト ビルドのセクション。ただし、デフォルトを変更すると、アーティファクトをzipファイルに圧縮できます。 false の値 true の中に アーティファクトを1つのファイルに圧縮します のフィールド Bitrise.ioにデプロイします ステップ。これにより、ディレクトリ全体とそのサブディレクトリが圧縮され、次の場所に展開されます。 アプリとアーティファクト

ターゲットディレクトリパスの変更

ターゲットディレクトリパスを別のパスに変更できますが、ワークフローの他のステップで同じディレクトリパスを参照して、生成されたファイルが同じディレクトリに収集されるようにしてください。

ビルドが失敗した場合のアーティファクトの表示

とともに 前のステップが失敗した場合に実行 トグルを有効にすると、ビルドが失敗した場合でも、ビルドアーティファクト(正常に生成されたアーティファクトのみ)にアクセスできます。たとえば、生成されたテストレポートファイルを調べることで、失敗したビルドのバグを検出できます。

ビルドアーティファクトにアクセスできるのは誰ですか?

の遺物 アプリとアーティファクト アプリの所有者、管理者、開発者、テスター/ QAであるすべての人がアクセスできます。これらの役割に加えて、デフォルトの構成を維持する場合 アプリの公開ページを有効にする この機能を使用すると、URLを受け取った人は誰でも、アプリとそのアーティファクトにアクセスできるようになります。