Skip to main content

Android アプリの計測済みテストの実行

インストルメント化されたテスト 物理的またはエミュレートされた Android デバイスで実行されます。 Bitrise では、以下を使用してインストルメント化されたテストを実行できます adb ツール.インストルメント化されたテストを実行するには、次の 2 つのステップが必要です。

  • UI テスト用の Android ビルド ステップでは、APK とテスト APK の両方をビルドします。例えば、 MyappDebug.apkMyAppDebugAndroidTest.apk.ステップは、これらの APK へのパスを 2 つの出力環境変数に保存します。 BITRISE_APK_PATHBITRISE_TEST_APK_PATH.これらの環境変数を使用して、同じワークフローの後続のステップで APK にアクセスできます。

  • Android 計装テスト ステップは、前のステップでビルドされた APK を使用してインストルメント化されたテストを実行します。

Android のインストルメント化されたテストを実行するには:

  1. 追加 UI テスト用の Android ビルド ワークフローに進みます。

  2. を確認してください プロジェクトの場所 input は、Android アプリのルート ディレクトリを指します。

  3. ビルドするモジュールとバリアントを モジュール そしてその 変異体 入力。

    プロジェクトの利用可能なモジュールとバリアントを確認できます Android Studio のプロジェクト ウィンドウ.

    build-for-ui-testing.png
  4. の中に オプション 入力グループで、生成された APK ファイルの場所を設定できます。

    入力は、ファイル パターンを値として受け取ります。デフォルト値は */build/outputs/apk/*.apk.

  5. オプションで、次のことができます 追加の Gradle 引数を渡す のビルドタスクに 追加の Gradle 引数 入力。

  6. 追加 Android 計装テスト ワークフローに進みます。 UI テスト用の Android ビルド ステップ。

  7. であることを確認してください。 メイン APK パス そしてその APK パスのテスト 入力は正しい場所を指します。

    デフォルトでは、2 つの入力の値は BITRISE_APK_PATH そしてその BITRISE_TEST_APK_PATH 環境変数、それぞれ。これらの変数は、 UI テスト用の Android ビルド ステップ。そのため、ほとんどの場合、これらの入力の値を変更する必要はありません。

    android-instrumented.png
  8. の中に テストランナークラス 入力で、使用するテスト ランナーを指定します。

    デフォルトのランナーは AndroidJUnitRunner クラス.

  9. 必要に応じて、追加のオプションをテスト ランナーに渡すことができます。 追加のテスト オプション 入力。

    この入力を使用して、のアクティビティ マネージャー ツールにコマンドを発行します。 adb シェル。発行できるコマンドの詳細については、を参照してください。 adb の公式ドキュメント.

テストを実行し、その結果を ビルドログ.