ビルド用のファイルのアップロード

ビルドを機能させるためにファイルが必要な場合は、それらをにアップロードします。 汎用ファイルストレージ。 NS 汎用ファイルストレージ すべてのファイルタイプを受け入れます。必要なのは、一意のIDを指定してファイルをアップロードすることだけです。

ファイルがアップロードされると、保存されます 環境変数として(環境変数)。このEnvVarを使用してファイルにアクセスし、ビルドで使用できます。ファイルは次のようにもなります。

一般的なファイルストレージの制限

Generic File Storageには、アップロードのサイズとファイル数に特定の制限があります。

  • 5MBを超えるファイルをアップロードすることはできません。

  • 同時に保存できるのは、合計5つの異なるファイルのみです。さらにアップロードする場合は、ストレージ内のファイルの1つを削除する必要があります。

ファイルをアップロードするには:

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します コード署名 タブ。

    Managing files on Bitrise
  4. に移動します 汎用ファイルストレージ タブ。

  5. の中に ファイルストレージID 入力フィールドに、一意のIDを入力します。

    一意のIDは、Bitriseが保存する生成されたダウンロードURLの一部になります。 環境変数

  6. ファイルをアップロードします。 2つのオプションがあります。

    • の任意の場所をクリックします ファイルをアップロードする セクションを選択し、コンピュータからファイルを選択します。

    • ファイルをにドラッグアンドドロップします ファイルをアップロードする セクション。

    ファイルサイズは5MBを超えることはできないことに注意してください。

アップロードしたファイルを保護する

ファイルをにアップロードしたら 一般的なファイルストレージ、アップロードしたファイルを保護モードに設定できます。つまり、アカウントからファイルをダウンロードしたり公開したりすることはできませんが、ビルドでは引き続き使用できます。 Bitriseは、アップロードされたファイルに添付された環境変数を次のように処理します。 ひみつ

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します コード署名タブ そして 汎用ファイルストレージ タブ。

  4. 横の省略記号ボタンをクリックして、 保護する

    Using the Generic File Storage
  5. クリック 保護する ポップアップウィンドウで。