最初のアプリを追加する

Bitriseにアプリを追加するということは、ビルドを実行できるようにリポジトリへのアクセスを設定することを意味します。プロセス中に、私たちはまた私たちを実行します プロジェクトスキャナー これは、アプリのプラットフォームタイプ(iOSなど)を検出し、アプリのビルドとデプロイに必要なすべての手順を含むデフォルトのワークフローを生成します。

現在、次のプラットフォーム/フレームワークをすぐにサポートしています。

プロジェクトスキャナー

プラットフォーム/フレームワークをサポートするということは、プロジェクトスキャナーがアプリのタイプを検出し、そのタイプに基づいて基本的なBitrise構成をセットアップできることを意味します。ビルド方法に関係なく、他のアプリも追加できますが、手動で構成する必要があります。

  • アンドロイド

  • iOS

  • リアクトネイティブ

  • フラッター

  • イオン

  • コルドバ

  • Xamarin

  • マックOS

このガイドでは、新しいアプリをBitriseに追加し、リポジトリをBitriseに接続し、SSHキーと初期構成をセットアップし、Webhookを登録する方法について説明します。

  1. Bitriseにログインします。

  2. クリック 最初のアプリを追加する ボタン。

  3. アカウントを選択してください、アプリを所有するワークスペースを選択します。

  4. アプリのプライバシーを設定します。

    注意

    この設定を後で変更することはできません。プライベートにする必要があるにもかかわらず、誤ってアプリをパブリックアプリとして追加したことに気付いた場合は、アプリを削除してから再度追加する必要があります。

    • プライベートアプリには、あなた、ワークスペースメンバー、およびアプリでの作業に招待されたユーザーのみがアクセスできます。アプリのリポジトリにアクセスするには認証が必要です。

    • 公開アプリは、bitrise.ymlとビルドログをすべての人に公開します。公開アプリのビルドURLがある場合は、そのビルドログを表示して、トラブルシューティングなどに役立てることができます。公開アプリは認証を必要とせず、SSHキーを持つことはできません。

  5. Bitriseにソースコードプロバイダーへのアクセスを許可し、アプリのリポジトリを選択します。

    注記

    プロジェクトのリポジトリURLは後で変更できます。アカウントをGitプロバイダーサービスにいつでも接続または切断することもできます。

    Gitプロバイダーアカウントを使用してBitriseにサインアップした場合、そのアカウントはすでに接続されており、そこから任意のリポジトリを選択できます。

    • BitriseアカウントをGitHub / Bitbucket / GitLabのいずれかを選択し、[ 接続 ボタン。サインインして、リポジトリへのBitrise読み取りアクセスを許可するように求められます。次に、リストからリポジトリを選択できます。

    • 選択することもできます その他/マニュアル リポジトリのgitcloneURLを貼り付けます。プライベートアプリの場合はSSHURL、パブリックアプリの場合はHTTPSURLです。アカウントを接続したくない場合、またはリポジトリがGitHub / BitBucket / GitLabのいずれかに保存されていない場合は、このオプションを使用します。

  6. にSSHキーを追加します リポジトリアクセスメニューの設定。これはプライベートアプリにのみ関係します。パブリックアプリはSSHキーを持つことができず、認証を必要としません。

    注記

    現時点で有効で機能するSSHキー接続を設定できない場合でも、心配する必要はありません。アプリの追加に進んでください。後でSSH接続を設定できます。

    • デフォルトのオプションをお勧めします:クリック いいえ、SSHキーを自動追加します。接続されたソースコードホスティングサービスアカウント(たとえば、GitHubアカウント)には、リポジトリに対する管理者権限が必要です。含まれている場合、BitriseはSSHキーを自動的に追加します。

    • 追加のプライベートリポジトリを使用する必要がある場合、またはリポジトリの管理者権限がない場合は、[ する必要がある ボタン。公開SSHキーをコピーして、リポジトリに追加します。完了したら、をクリックします SSHキーを追加しました

    • 独自のSSHキーを使用することもできます。の右側に リポジトリアクセスの設定 セクション、選択 独自のSSHを追加。パスフレーズなしで、RSASSH秘密鍵を下のフィールドに貼り付けます。ソースコードホスティングサービスで公開鍵を登録する必要があります。

  7. リポジトリのブランチを入力し、をクリックします

    Bitriseはこのブランチで最初のビルドを実行し、Bitriseアプリのデフォルトのブランチとして設定されますが、この設定は後で変更できます。このブランチには、プロジェクトの構成が含まれている必要があります。

  8. Bitriseがアプリを自動的に構成しようとしている間待ちます。

    Bitriseはプロジェクトの種類を検出し、それに基づいてスタックとデフォルトのワークフローを設定できます。

    注記

    プロジェクトタイプの検出は、アプリの初期構成を支援するのに役立ちます。ただし、アプリを追加した後はいつでも、プロジェクトタイプを含むすべての設定を変更できますのでご安心ください。

  9. Bitriseがプロジェクトタイプを正常に検出した場合は、次の手順に進みます。 Bitriseがプロジェクトタイプの検出に失敗した場合、2つのオプションがあります。

    • プロジェクトスキャナーが失敗する原因となった問題を修正してみてください。私たちが提供するログが役立つかもしれません。選択が完了したら 自動構成を再試行してください

    • 選択する スキップして手動で構成する。プロジェクトの種類を選択し、選択した種類に基づいてプロジェクト構成を設定する必要があります。選択した場合 その他/マニュアル、スタックタイプを選択するだけです。

  10. プロジェクトのビルド構成を確認し、をクリックします 準備できました それが終わったら。

    正確な構成オプションは、プロジェクトの種類によって異なります。スタックと選択したスタックのマシンタイプを選択するオプションが常にあります。これらのオプションについて不明な点がある場合でも、心配する必要はありません。後で変更できます。

  11. 必要に応じて、画像をアップロードしてアプリアイコンを追加します。

    必要に応じて、これをスキップして後でアイコンを追加できます。

  12. 必要に応じて、BitriseがリポジトリにWebhookを設定できるようにします。

    ビルドを自動的にトリガーするには、Webhookが必要です。アプリのWebhookはいつでも設定できるため、今はスキップしてかまいません。

  13. Webhookを登録する(またはスキップする)と、Bitriseはアプリの最初のビルドを自動的に開始します。クリック 終わりました ダッシュボードに戻ります。