ビルドでのファイルの使用

Bitriseビルドでファイルを使用する方法は複数あります。

  • ファイルを生成するほとんどのステップは、ファイルパスを出力環境変数(Env Var)に格納します。同じワークフローの後続のステップでは、そのEnvVarを再利用してファイルにアクセスできます。

  • あなたはできる 汎用ファイルストレージにファイルをアップロードする そして、URLを入力として受け入れるステップで、自動生成されたEnvVarをステップ入力値として使用します。

  • あなたはできる 汎用ファイルストレージにファイルをアップロードする ステップの1つを使用します(たとえば、 ファイルダウンローダー ステップ)ビルド用のファイルをダウンロードします。これは、ローカルファイルパスを必要とするステップで機能するため、入力値としてURLを直接サポートしません。

ファイルダウンローダーステップを使用してファイルをダウンロードする

一度あなた 汎用ファイルストレージにファイルをアップロードしました、それにアクセスする方法の1つは、 ファイルダウンローダー ステップ。このステップは、ローカルパスのみを値として受け入れるステップ入力でファイルを使用する必要がある場合に役立ちます。

ステップは指定した場所にファイルをダウンロードし、その後のすべてのステップはその場所にあるファイルにアクセスできます。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します コード署名タブ そして 汎用ファイルストレージ タブ。

  4. ファイルを見つけて、そのファイル名の下に環境変数(Env Var)をコピーします。

  5. に移動します ワークフロー タブ。

  6. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

  7. 追加します ファイルダウンローダー ワークフローに進みます。

  8. の中に ソースURLをダウンロード 入力して、前にコピーしたEnvVarを貼り付けます。

  9. の中に 宛先パスをダウンロードする 入力には、ファイルをダウンロードするパスを指定します。リポジトリのルートからの相対パスである必要があります。

    入力値としてEnvVarを使用する

    入力に直接指定する代わりに、ファイルパスをApp EnvVarに保存できます。そうすれば、他のステップでEnv Varを介してファイルを参照できるため、毎回パスを指定する必要はありません。

    たとえば、パスをに保存すると BITRISEIO_MY_FILE_LOCAL_PATH Env Varは、入力のパスとして使用でき、後続のすべてのステップでファイルにアクセスするためにも使用できます。

  10. クリック 保存する 右上隅にあります。

カスタムスクリプトステップを使用してファイルをダウンロードする

使用したくない場合 ファイルダウンローダー ビルドでアップロードされたファイルをダウンロードしてアクセスするステップ。独自のカスタムスクリプトステップを使用することもできます。ダウンロードURLを取得し、ビルドマシンに存在する完全なダウンロードパスを指定してファイルをダウンロードするだけです。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します コード署名タブ そして 汎用ファイルストレージ タブ。

  4. ファイルを見つけて、そのファイル名の下に環境変数(Env Var)をコピーします。

  5. に移動します ワークフロー タブ。

  6. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

  7. 追加する 脚本 ワークフローに進みます。

  8. を見つける スクリプトの内容 ステップの入力。

  9. スクリプトを追加してファイルをダウンロードし、ダウンロード場所をEnvVarに保存します。

    以下の例では、ダウンロードURLはに保存されています BITRISE_IO_MY_FILE_ID_URL 環境変数使用しています envman ローカルパスをに保存するには BITRISEIO_MY_FILE_LOCAL_PATH 環境変数以降の手順では、このEnvVarを使用してファイルにアクセスできます。

    #!/bin/bash
    set -ex
    
    # specify local download path
    export file_local_path=download/path/to/my/file
    
    # download the file
    wget -O "$file_local_path" "$BITRISEIO_MY_FILE_ID_URL"
    echo "file downloaded to: $file_local_path"
    
    # OPTIONALLY: export the file's local path, to be able to use it in subsequent steps as an input value
    envman add --key BITRISEIO_MY_FILE_LOCAL_PATH --value "$file_local_path"

    または、たとえば、場所をApp Env Varとして設定し、スクリプトステップ内でパスを定義する代わりに、そのパスにダウンロードすることもできます。