Skip to main content

Advanced options for AWS EC2 instances

For optimal use of the EC2 instances, we recommend additional configuration that is not strictly required for the instances to run Bitrise builds. Some of these configuration options are best set during instance creation.

EC2 インスタンスの接続とセキュリティ

EC2 インスタンスの準備ができたら、インスタンスに接続できること、および関連する Bitrise サービスに接続できることを確認します。 SSH を使用してインスタンスに接続するか、Mac インスタンスの場合は VNC を使用してインスタンスに接続できます。

インスタンスにパスワードを設定することもできます。

インスタンスのパスワード

ユーザーデータ

インスタンスの動作がすべてのインスタンスで一貫していることを確認するには、これを ユーザーデータ その間 インスタンスの作成

ユーザー データは、プレーン テキストまたは Base64 エンコード形式で提供されます。

デフォルトでは、Bitrise AMI にはユーザー パスワードがありません。希望のパスワードを設定するのは加入者の責任です。

Mac インスタンスの場合、ユーザー パスワードとデフォルトのパスワードを設定する必要があります。 login.keychain パスワード:

sudo /usr/bin/dscl . -passwd /Users/ec2-user
security set-keychain-password  -o "" -p "<new password>" ~/Library/Keychains/login.keychain-db

Linux インスタンスの場合:

sudo passwd

インスタンスへの接続

SSH を使用してインスタンスに接続するには、TCP ポート 22 を使用することをお勧めします。 SSH 経由でインスタンスに接続するには:

マックOS

Linux

  • ssh -i "<your-ssh-key>" ec2-user@<your-mac2-instance>

    VNCで接続することもできます。 TCP ポート 5900 の使用をお勧めします。接続するには:

    open vnc://ec2-user@<aws-mac2-instance>
  •  ssh -i ~/.ssh/key   ubuntu@<your-aws-instance>

セキュリティグループの設定

必ず両方のポートの使用を有効にしてください。 セキュリティグループの設定 インスタンスの!

起動後のディスクの事前ウォーミング

ユーザーデータ

インスタンスの動作がすべてのインスタンスで一貫していることを確認するには、これを ユーザーデータ その間 インスタンスの作成

ユーザー データは、プレーン テキストまたは Base64 エンコード形式で提供されます。

起動直後にディスクを事前にウォームアップすることで、EBS のパフォーマンスを向上させることができます。実行する必要があるのは 1 回だけです。

仮想化に推奨

当社の仮想化製品を使用する場合は、ディスクを事前にウォーミングすることを強くお勧めします。

Mac インスタンス

Linux インスタンス

  • export cnt=$(($(df -h | grep "/$" | awk '{print $4}' | grep -oE "[0-9]+")-2))
    dd if=/dev/random of=bigfile bs=1g count=$cnt
  • sudo dd if=/dev/xvdf of=/dev/null bs=1M

    開発/xvfd

    を注意 xvdf あなたのマシンでは異なるかもしれません

Mac インスタンスでのディスク サイズの増加

ユーザーデータ

インスタンスの動作がすべてのインスタンスで一貫していることを確認するには、これを ユーザーデータ その間 インスタンスの作成

ユーザー データは、プレーン テキストまたは Base64 エンコード形式で提供されます。

EC2 Mac インスタンスにデフォルト (400 GB) よりも大きな EBS ストレージを設定した場合は、macOS が利用可能なディスク容量をすべて使用できるようにパーティションのサイズを変更します。

PDISK=$(diskutil list physical external | head -n1 | cut -d" " -f1)
APFSCONT=$(diskutil list physical external | grep "Apple_APFS" | tr -s " " | cut -d" " -f8)
yes | sudo diskutil repairDisk $PDISK

sudo diskutil apfs resizeContainer $APFSCONT 0

詳細については、を参照してください。 AWS macOS EC2 ドキュメント

AWS ビルド環境のクリーンアップ

セルフホスト型エージェントを実行する場合、1 つのエージェントが複数のビルドを (次々に) 実行します。これにより、ローカル ファイル システム上のビルド間でデータを共有できますが、あるビルドが別のビルドに影響を与えないようにするには、ある程度の注意も必要です。

この問題を回避するには、ビルドの間にビルド環境をクリーンアップします。これを行うには、次のコマンドを実行する必要があります。 ビットライズ CLI エージェント モードのセルフホスト マシン上: 永続的なビルド環境のクリーンアップ