ステップを条件付きで有効または無効にする

任意のワークフローでステップを有効または無効にできます。また、ステップの条件を設定することもできます。自分のコンピューターで、Bitrise CLIを使用するか、 bitrise.yml ワークフローエディタのタブ。

私たちは主に使用します run_if これらのことを行うための表現。 テンプレート式を確認してください

NS run_if 任意の有効なGoテンプレートにすることができます

NS run_if 任意の有効なものにすることができます テンプレートに移動、評価する限り true また false (または、たとえば、任意の文字列表現 Truetyes また y すべてが true)。テンプレートが次のように評価された場合 true、ステップは実行されます。それ以外の場合は実行されません。

run_if カスタム環境変数を確認するには:

run_if: |-
        {{enveq "CUSTOM_ENV_VAR_KEY" "test value to test against"}}

この run_if の値が CUSTOM_ENV_VAR_KEY ではありません test value to test against

ステップの無効化

ワークフローからステップを削除したくないが実行したくない場合は、を使用してステップを無効にすることができます。 run_if 表現。

ワークフローの実験

ステップを削除したり無効にしたりせずに、ワークフローのさまざまな構成を試すには、ワークフローのクローンを作成することをお勧めします。元のワークフローを変更せずに、複製されたワークフローを必要なだけ変更できます。

  1. アプリを開きます bitrise.yml ファイル。

  2. 無効にするステップを見つけます。

  3. 追加 run_if: false それに。

    - script:
        run_if: false
        inputs:
        - content: |-
            #!/bin/bash
            echo "This will never run, because of run_if:false"

CI環境でのみステップを実行する

CI環境でのみステップを実行すると、ビルドはローカルビルドの特定のステップをスキップします。ステップを無効にするのと同じように、 run_if 表現。これを使用して、ビルドをローカルでデバッグします。

NS .IsCI 国旗

多くのステップにこれがあります。IsCI デフォルトで設定されているフラグ:たとえば、 Git Clone ステップ。ただし、変更することはできます run_if これらのステップのプロパティも:に設定するだけです run_if: true

CIモードをローカルで有効にする

CIモードは、を設定することにより、ご使用のMac / PCで有効にできます。 CI 環境へ true (たとえば、実行 export CI=true Bashターミナルで)、または実行することによって bitrise run とともに --ci 国旗: bitrise --ci run ...

  1. アプリを開きます bitrise.yml ファイル。

  2. 無効にするステップを見つけます。

  3. 追加 run_if: .IsCI それに。

    - script:
        run_if: .IsCI
        inputs:
        - content: |-
            #!/bin/bash
            echo "This will only ever run in a CI environment because run_if: IsCI"

ビルドが失敗した場合にのみステップを実行する

特定のステップに到達する前にビルドが失敗した場合にのみ、ステップを実行できます。に加えて run_if、を使用する必要があります is_always_run プロパティも。

  1. アプリを開きます bitrise.yml ファイル。

  2. 無効にするステップを見つけます。

  3. 追加 run_if: .IsBuildFailed それに。

  4. 追加 is_always_run: true それに。

    これにより、前のステップが失敗した場合でも、ステップを実行できます。

    - script:
        is_always_run: true
        run_if: .IsBuildFailed
        inputs:
        - content: |-
            #!/bin/bash
            echo "Build Failed!"

ビルドに失敗せずに失敗したステップを無視する

通常、ビルド中にステップが失敗すると、ビルド自体も失敗します。もちろん、これはすべてのステップに当てはまるわけではありません。 Bitrise.ioキャッシュ:プル そしてその Bitrise.ioキャッシュ:プッシュ ビルドに失敗せずに手順が失敗する可能性があります。他のステップを構成して、それらの失敗がビルドに失敗しないようにすることもできます。

YAMLモードのみ

ワークフローエディターのグラフィカルUIではこれを行うことはできません。アプリを編集する必要があります。 bitrise.yml ファイル。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します bitrise.yml タブ。

  4. 必要なステップを見つけます。

  5. 追加します is_skippable それにフラグを立てて、に設定します true

    - script: 
        is_skippable: true 
        inputs: 
        - content: |- 
            # !/bin/bash 
            echo "Failing Step." 
            exit 1 
            # exit 1 would mark this step as Failed, but it won't break the Build 
            # because of the is_skippable: true flag / property