Slack統合の構成

もちろん、BitriseはSlack統合をサポートしており、セットアップは非常に簡単です。 Slackメッセージを個々のユーザー、グループ、またはチャネルに送信します。メッセージをカスタマイズし、添付ファイルを含め、ユーザーをビルドページに移動させるリンクボタンを追加します。

専用のステップを使用するには、次のいずれかが必要です。 Slack Webhook URL または Slackボットユーザー用のSlackAPIトークン

ステップがすべてのビルドで実行されることを確認してください!

あなたが使用する場合 Slackメッセージを送信する ワークフローにステップインし、次のことを確認してください 前のステップが失敗した場合でも、常に実行するように設定されています!これは、ステップのデフォルト設定です。変更した場合、ビルドが失敗してもメッセージは送信されません。

  1. 追加します Slackメッセージを送信する ワークフローに進みます。

  2. どちらかを見つける Slack Webhook URL または SlackAPIトークン 入力。入力をクリックしてから、 シークレット変数を選択

    Configuring notifications
  3. WebhookURLまたはSlackAPIトークンを格納する新しいシークレット環境変数を作成します。

    必要なキーを選択できます。

  4. ステップの関連する入力を使用してSlackメッセージをカスタマイズします。

    以下を含むがこれらに限定されないいくつかのオプションがあります。

    • ターゲットチャネル、グループ、またはユーザー名の設定:これは名前またはエンコードされたIDにすることができます。

    • 送信するメッセージのテキスト。

    • メッセージのボットのユーザー名

    • メッセージの色

    • 添付ファイル

    • メッセージに添付されているリンクボタン

    ワークフローエディターのすべての入力をチェックして、Slackメッセージをカスタマイズするすべての方法を確認してください。