HuaweiAppGalleryへのアプリのデプロイ

Androidアプリを次の場所にデプロイできます Huawei AppGallery と呼ばれる検証済みのビットライズステップを介して Huawei AppGalleryにデプロイする。ステップは、Bitriseで構築したAPKファイルをデプロイするために使用できます。

ステップには以下が必要です。

  • アプリのアプリID。

  • APIクライアントのクライアントID。

  • APIクライアント用に生成されたキー。

アプリをHuaweiAppGalleryに正常にデプロイするには、次のワークフローが必要です。

  • APKまたはAABファイルを作成して署名します。

  • が含まれています Huawei AppGalleryにデプロイする アプリをデプロイする手順。

を使用してデプロイを構成するには Huawei AppGalleryへのデプロイステップ

  1. AppGallery ConnectのWebサイトインターフェイスを使用して、アプリの最初のAPKをHuaweiAppGalleryに手動でアップロードします。

  2. AppGalleryConnectでチームレベルのAPIクライアントを作成します

    huawei_api.png
  3. Bitriseでワークフローエディターを開きます。

  4. アプリのデプロイに使用するワークフローに移動します。

  5. 追加します Huawei AppGalleryにデプロイする APKをビルドして署名する手順を実行します。

    huawei_step.png
  6. を開きます 構成 入力グループ。

  7. 必要な入力を入力します。

    • ファイルパス:自動的にエクスポートするステップを使用した場合 BITRISE_APK_PATH APKをビルドした後の環境変数。これは変更しないでください。 NS Androidビルド たとえば、ステップはそのようなステップです。

    • ファイル名:APKファイルの一意の名前。この名前は、AppGalleryConnectにアップロードするときに使用されます。

    • アプリID:識別されたものは、 アプリ情報 AppGalleryConnectのセクション。

    • クライアントID:AppGalleryConnectで生成されたAPIクライアントID。

    • :AppGallery接続のAPIクライアントで生成されたキー。

次のbitrise.ymlファイルを見て、を使用する構成例を確認してください。 HuaweiAppGalleryにデプロイする アプリをデプロイする手順。

workflows:
  deploy:
    steps:
    - activate-ssh-key@4:
        run_if: '{{getenv "SSH_RSA_PRIVATE_KEY" | ne ""}}'
    - git-clone@4: {}
    - cache-pull@2: {}
    - install-missing-android-tools@2:
        inputs:
        - gradlew_path: "$PROJECT_LOCATION/gradlew"
    - gradle-runner@1.9:
        inputs:
        - gradle_file: "$GRADLE_BUILD_FILE_PATH"
        - gradle_task: assembleRelease
        - gradlew_path: "$GRADLEW_PATH"
    - sign-apk@1.7: {}
    - deploy-to-bitrise-io@1: {}
    - cache-push@2: {}
    - appgallery-deploy@0:
        inputs:
        - huawei_client_id: 'XXX'
        - huawei_client_secret: "$CLIENT_SECRET"
        - huawei_app_id: 'YYY'  

ビルドを実行してください!すべてがうまくいけば、HuaweiAppGalleryにアプリが表示されます。