BitriseとGooglePlayへのAndroidアプリのデプロイ

このガイドでは、Androidプロジェクトをに追加する方法について説明します bitrise.io プロジェクトから構築されたAPKまたはAABをにデプロイします Google Playストア

ビルド中にBitriseがGooglePlay Deployで認証できるように、GooglePlayコンソールで作成された新しいサービスアカウントが必要です。新しいサービスアカウントは、適切な権限を持つユーザーとしてGoogle PlayConsoleに招待する必要があります。

プロジェクトを初めて設定するには:

  1. 登録する GooglePlay開発者アカウント。すでにGooglePlayデベロッパーアカウントをお持ちで、アプリをGoogle Playストアにデプロイしている場合は、にスキップしてください Google PlayAPIアクセスの設定

  2. 通過する 初めてGooglePlayの展開を設定する

Google PlayAPIアクセスの設定

新しいAPIプロジェクトを作成するか、既存のAPIプロジェクトをリンクして、プロジェクトへのGoogle PlayAPIアクセスを許可します。このチュートリアルでは、新しいチュートリアルを作成しています。

  1. Google Play Consoleに移動し、[ 設定。クリック API アクセス 左側のメニューバーにあります。に リンクされたGoogleCloudプロジェクト ページ、選択 新しいプロジェクトを作成する オプション。

    apiaccessstart.jpg
  2. APIアクセス ページ、下にスクロール サービスアカウント をクリックします 新しいサービスアカウントを作成します。指示に従って、Google CloudPlatformにアクセスします。

    createnewserviceaccount.jpg
  3. Google Cloud Platformで、[ +サービスアカウントの作成 上部のメニューバーにあります。

    pluscreateserviceaccount.jpg
  4. 3ステップ サービスアカウントを作成する ページが表示されます。ここで、 サービスアカウント名 初め。 NS サービスアカウントID に基づいて自動的に生成されます サービスアカウント名 入力しました。

    serviceaccountdetails.jpg
  5. このサービスアカウントにプロジェクトへのアクセスを許可する ステップ、選択 Browser の中に 役割 落ちる。プロセスの2番目と3番目のステップはGoogleCloud Platformでオプションとしてマークされていますが、これらはBitriseがサービスアカウントアクセスを使用できるようにするために不可欠です。

    serviceaccountdetails.png
  6. 記入してください サービスアカウントのユーザーロールサービスアカウント管理者の役割 のフィールド ユーザーにこのサービスアカウントへのアクセスを許可する ステップ。打つ 終わり

    grantuseraccess.jpg
  7. あなたはに戻って着陸します APIアクセスページ 新しいサービスアカウントのキーを作成できるGooglePlayConsoleのBitriseは、キーを使用してサービスアカウントとして認証します。クリック 省略記号 新しいサービスアカウントの横にあり、 キーを管理する オプションから。

    managekeys.jpg
  8. あなたはに向けられています キー のページ サービスアカウント。クリック キーを追加 ドロップダウンして選択します 新しいキーを作成する オプション。

    createnewkey.jpg
  9. 選択する JSON あなたのように キータイプ。クリック 作成。ここでキーを作成すると、ローカルマシンに自動的にダウンロードされ、にアップロードできます。 コード署名 Bitriseのタブ。 Google Cloud Platformウィンドウは不要になったため、閉じることができます。

    jsonkey-png.jpg
  10. あなたはに戻って着陸しています APIアクセス 新しいサービスアカウントを確認できるGooglePlayConsoleのページ サービスアカウント。クリック アクセス許可 プロジェクトをGoogleコンソールにリンクします。 Google Cloud Platform(GCP)サービスアカウントはユーザーとしてGoogle Play Consoleに招待されるため、GCPはPlayConsoleのアプリにアクセスできます。 Bitriseは、このサービスアカウントを使用して、GooglePlayConsoleで変更を加えます。

    grantaccess.jpg
  11. の中に ユーザーを招待する ウィンドウ、 電子メールアドレス フィールドは事前に入力されています。下 権限、デフォルトのものはすでに選択されています。あなたはこれらと一緒に行くことができます。クリック ユーザーを招待する ページの下部にあります。

    permission.jpg

をチェックしてください GooglePlayデベロッパーAPI プロセスに関する詳細情報が必要な場合は、ガイドを参照してください。

これで、Google PlayConsoleプロジェクトの準備が完了しました。リリースの管理を許可されたサービスクレデンシャルアカウントが作成されました。

初めてGooglePlayの展開を設定する

Google Playにデプロイすると、アプリがGoogleのオンラインストアに公開されます。初めてそれを行うとき、これは単にに展開するよりも少し多くの作業を必要とします bitrise.io。必要な構成が整ったら、それは非常に簡単になります。

Google Playのデプロイを初めて構成するときは、Google PlayデベロッパーアカウントをAPIプロジェクトにリンクし、APIアクセスを設定して、サービスアカウントのJSONキーをBitriseにアップロードする必要があります。

  1. 最初のAABまたはAPKを手動でGooglePlayにアップロードします GooglePlayコンソールを使用する

  2. リンク GooglePlayデベロッパーコンソールをAPIプロジェクトに変換します。

  3. サービスアカウントを使用してAPIアクセスクライアントを設定する:Google Developer Consoleでサービスアカウントを作成するときは、選択する必要があることに注意してください json なので キータイプ

  4. あなたのサービスアカウントに必要な権利を付与します GooglePlayコンソール。に移動 設定、 それから ユーザーと権限、 それから 新しいユーザーを招待する。 Google Play Publisher APIの動作方法により、サービスアカウントに少なくとも次の権限を付与する必要があります。

    • アクセスレベル:アプリ情報を表示します。

    • リリース管理:本番リリースを管理し、テストトラックリリースを管理します。

    • 店舗のプレゼンス:店舗のリスト、価格設定、配布を編集します。

  5. オプションの手順として、ストアリストに翻訳を追加できます。 アプリを翻訳してローカライズする

  6. でアプリを開きます ビットライズ

  7. に移動します ワークフロー タブ。

  8. に移動します コード署名 タブをクリックして、サービスアカウントのJSONキーをにアップロードします 一般的なファイルストレージ

Androidアプリをbitrise.ioにデプロイする

このセクションでは、Androidアプリをにデプロイする方法について説明します。 bitrise.io

bitrise.ioにデプロイするということは、ビルド中に生成されたビルドアーティファクトが、ビルドが完了するとダウンロードできるようになることを意味します。これを使用して、たとえば、独自のテストデバイスでアプリをテストできます。

アプリをにデプロイするには bitrise.io

  1. ワークフローに Androidビルド アプリを構築する手順。

    オプションで、アプリを作成できます。 Gradleランナー ステップ。これにはもう少し構成が必要ですが、より広範なカスタマイズが可能です。

  2. 追加します Bitrise.ioにデプロイします ワークフローに進みます。

    ヒント

    あなたは使用することができます 通知:ユーザーの役割 そしてその 通知:メール デプロイに関する通知を設定するためのステップの入力。

ビルドのURLを使用して、生成されたバイナリをチームメンバーと共有できます。

GooglePlayへのデプロイ

Google Playにデプロイするには、署名済みのAPKまたはAABファイルと GooglePlayデプロイ ステップ。

  1. アプリを初めてデプロイする場合は、 GooglePlayの設定が正しく設定されていることを確認してください

  2. でアプリを開きます ビットライズ

  3. に移動します ワークフロー タブ。

  4. に移動します コード署名 タブをクリックしてコピーします 環境変数 アップロードしたサービスアカウントのJSONキーファイルのURLを保存するキー。

  5. をコピーします 環境変数 アップロードしたファイルのURLを保存するキー。

    例えば: BITRISEIO_SERVICE_ACCOUNT_JSON_KEY_URL

  6. ワークフローを開き、を追加します GooglePlayデプロイ それにステップします。

  7. の中に サービスアカウントのJSONキーファイルパス 入力し、サービスアカウントのJSONキーをアップロードしたときに生成された環境変数を 一般的なファイルストレージ。生成されたEnvVarに加えて、ステップの入力フィールドにファイルパスを追加することもできます。ファイルパスはローカルまたはリモートにすることもできます。

    • リモートJSONキーファイルの場合、たとえば、任意のダウンロード場所を値として指定できます。 https://URL/TO/key.json

    • ローカルJSONキーファイルの場合、ファイルパスのURLを値として指定できます。たとえば、 file://PATH/TO/key.json

  8. の中に パッケージ名 入力し、アプリのパッケージ名を追加します。

  9. の中に 追跡 入力して、APKをデプロイするトラックを追加します(たとえば、alpha / beta / rollout / productionまたは設定したカスタムトラック)。

それで全部です!ビルドを開始またはスケジュールして、URLを外部テスターと共有するか、選択したアプリストアでアプリを配布してください。