ステップ出力リファレンス

ステップ出力は、特定のステップを実行した結果である環境項目です。たとえば、 Bitrise.ioにデプロイします ステップは、デフォルトで2つの出力環境を生成します。

  • $BITRISE_PUBLIC_INSTALL_PAGE_URL

  • BITRISE_PUBLIC_INSTALL_PAGE_URL_MAP

ステップのデフォルト出力をチェックアウトできます。 Workflow Editor オン bitrise.io またはで step.yml ステップのファイル。

ステップ出力は、で定義できます。 step.yml を設定することにより、プロジェクトのファイル outputs 属性。これらは、すべての環境プロパティと同じ構文を持っています。これは、2つの主要な部分で構成されています。 KEY: value ペアと opts 分野。キーと値が必要です、 opts フィールドはオプションです。

- MY_KEY_FOR_THE_ENV: my value for the env
  opts:
    title: An example env var item
    is_dont_change_value: false
    category: example
  • MY_KEY_FOR_THE_ENV:環境アイテムのキー(必須)。

  • my value for the env:アイテムの値(必須)。

  • opts:オプションの属性。

ステップのデフォルト出力は、ユーザーが変更することはできません。 bitrise.yml プロジェクトのファイル:それらはでのみ変更できます step.yml ファイル。ただし、カスタムで出力をエクスポートすることはできます 環境変数。これは、たとえば、ワークフローに同じステップが2回あり、両方のステップの生成された出力を使用する場合に役立ちます。

workflows:
  primary:
  steps:
  - gradle-runner:
      outputs:
      - BITRISE_APK_PATH: ALIAS_APK_PATH

この例では、 BITRISE_APK_PATH 環境変数は、 ALIAS_APK_PATH 鍵。