AABからユニバーサルAPKをエクスポートする

生成されたアーティファクトがアプリバンドルである場合でも、テストデバイスでAndroidアプリをテストできます(.aab)。とともに ユニバーサルAPKをエクスポート ステップでは、アプリバンドルからユニバーサルAPKをエクスポートし、キーストア(またはデバッグキーストア)で署名し、APKをテストデバイスにデプロイしてから、アプリをGooglePlayストアにリリースします。

このステップの構成は非常に簡単です。

  1. を挿入します ユニバーサルAPKをエクスポート 後のステップ Androidビルド ワークフローにステップインします。

  2. NS Androidアプリバンドルパス 入力フィールドには、前のビルドステップの出力が自動的に入力されます。

  3. NS キーストアのURL にアップロードされたキーストアファイルに基づいて自動的に入力されます コード署名 タブ。

  4. すでにキーストアファイルをにアップロードしている場合 コード署名 タブ、 キーストアエイリアスキーストアのパスワード、 と 秘密鍵のパスワード 入力には、すでに秘密の環境変数が入力されています。

  5. 特定のバージョンが必要な場合は、デフォルトのBundletoolバージョンをオーバーライドできますが、必ず 正しいバージョン

  6. ワークフローを実行します。

ユニバーサルAPKのエクスポートステップは、APKをにエクスポートします $BITRISE_APK_PATH 次のステップで取得できる環境変数、または次の場合はShipアドオン Bitrise.ioにデプロイします ステップはワークフローに含まれています。