BitriseOTAアプリの展開

Bitriseには、アプリやその他のビルドアーティファクトを配布するために使用できる統合アプリ展開システムがあります。

Bitriseアカウントを持っていない場合でも、アプリのチームメンバーや関係者のためにアプリを無線で配布できます。また、これを使用して、アプリや、アプリで利用できるその他のビルドアーティファクトファイルをアーカイブすることもできます。 ビルド 表示およびダウンロード用のページ。

これは、プラットフォームごとのさまざまなビルド手順の簡単な要約です。

プラットホーム

ビルドステップ

ステップをビットライズにデプロイ

iOS

iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート

Bitrise.ioにデプロイ-アプリ、ログ、アーティファクト

アンドロイド

Gradleランナー また Androidビルド

Bitrise.ioにデプロイ-アプリ、ログ、アーティファクト

リアクトネイティブ

Androidビルド および/または iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート

Bitrise.ioにデプロイ-アプリ、ログ、アーティファクト

イオン

イオンアーカイブ

Bitrise.ioにデプロイ-アプリ、ログ、アーティファクト

コルドバ

コルドバアーカイブ

Bitrise.ioにデプロイ-アプリ、ログ、アーティファクト

マックOS

Mac用のXcodeアーカイブ および/または macOSXcodeアーカイブをエクスポートする

Bitrise.ioにデプロイ-アプリ、ログ、アーティファクト

DeploytoBitrise.ioステップを使用したデプロイ

The Bitrise.ioにデプロイ-アプリ、ログ、アーティファクト ステップはいくつかの異なる機能を実行できます。

  • これにより、アプリの公開インストールページを作成して配布し、アプリの新しいビルドについてユーザーに通知できます。

  • アプリのバイナリやその他のビルドアーティファクトをにアップロードします アーティファクト ビルドのページのタブ。

  • テスト結果とログをに送信できます テストレポート アドオン。

  • それはあなたが使用することを可能にします アプリをデプロイします。

このガイドでは、ステップを使用してアプリバイナリ(IPA / APK / AABファイル)をデプロイし、パブリックインストールページへのリンクを配布する方法について説明します。

Bitrise OTA app Deployment

デプロイディレクトリ

The ディレクトリまたはファイルパスをデプロイします inputは、ステップがデプロイするファイルをチェックするパスを定義します。入力値がファイルパスの場合、そのファイルがデプロイされます。入力値がディレクトリの場合、ディレクトリ内のすべてのファイルが展開されます。

デフォルト値は BITRISE_DEPLOY_DIR 環境変数 (環境変数)。ほとんどの場合、これを変更したり、心配したりする必要はありません。公式のBitriseステップを使用してアプリをビルドすると、必要なすべてのファイルがこのディレクトリにエクスポートされます。場合によっては、ファイルが展開のために正しい場所に配置されるかどうかを確認する価値があります。

  • を使用する場合 脚本 アプリをビルドするためのステップ。ベストプラクティスは、ファイルをにエクスポートするようにステップを構成することです。 BITRISE_DEPLOY_DIR 環境変数

  • Bitriseによって維持されていないステップを使用する場合は、ステップが生成するファイルをどこにエクスポートするかを確認してください。そうでない場合 BITRISE_DEPLOY_DIR、その場所を指すように入力を設定します。

すべてのファイルを.zipに圧縮する

デプロイディレクトリにあるすべてのファイルを単一の.zipファイルに圧縮する場合は、 アーティファクトを1つのファイルに圧縮しますか? への入力 true

公開インストールページ

The アプリの公開ページを有効にしますか? inputは、公開されているWebページにアクセスしてアプリをインストールできるかどうかを決定します。ページへのリンクを持っている人は誰でも、自分のデバイスにアプリをインストールできます。

テストデバイスの登録

Androidアプリの場合、Androidアプリにはデバイスごとのインストール制限がないため、テストデバイスを登録してアプリをインストールする必要はありません。ただし、有効にする必要があります 未知のソース GooglePlayストアの外部からAPK/AABをインストールできるようにするAndroidのオプション。

iOSアプリの場合、 テストデバイスを登録してプロビジョニングする必要があります そうしないと、パブリックインストールページからアプリをインストールできません。

このページには、ファイル名、サイズ、バージョンコード、最小SDKバージョン、ビルド番号など、ビルドの重要な詳細がすべて含まれています。パブリックインストールページが有効になっている場合、 通知:メール通知:ユーザーの役割 入力はページへのリンクを受け取ります。

デフォルトでは、入力値はに設定されています true。このオプションを無効にすると、アプリのBitriseチームのメンバーのみがデバイスにアプリをインストールできるようになります。彼らはインストール可能なバイナリを見つけることができます アーティファクト ビルドページのタブ。

ユーザーへの通知

The Bitrise.ioステップにデプロイします 指定されたユーザーに電子メール通知を送信できます。通知には、ビルドURLとパブリックインストールページのリンクを含めることができます。ステップは、次の2つの方法でユーザーに通知できます。

  • The 通知:ユーザーグループ inputを使用すると、アプリのBitriseチームのユーザーに通知できます。の場合 アプリの公開ページを有効にしますか? 入力はに設定されます true、通知には公開インストールページへのリンクが含まれています。に設定されている場合 false、指定されたユーザーグループは代わりにビルドURLを受け取ります。

    デフォルト値は みんな:これは、アプリのBitriseチームの全員が通知を受け取ることを意味します。他の役割を選択できます。その場合、その特定の役割を持つユーザーのみが通知を受け取ります。

  • The 通知:メール inputを使用すると、電子メールで誰にでも通知できます。これには、Bitriseアカウントを持っていない人も含まれます。このようにして、公開インストールページを誰にでも送信し、アプリのインストールを招待することができます。

    パブリックインストールページが必要です

    の場合 アプリの公開ページを有効にしますか? 入力はに設定されます false通知:メール 入力は無視されます!

    シークレットを使用する

    入力は取るだけです 秘密 値として:シークレットを作成し、シークレットの値に電子メールアドレスを指定する必要があります。