ビルドマシンでのGitクレデンシャルの設定

概要

ビルドの実行中にBitriseから独自のGitリポジトリへのコミットをプッシュバックする場合は、ビルドマシンでGitクレデンシャルを設定できます。

スタックのデフォルトのGitユーザー名とユーザーのメールアドレスは次のとおりです。

git config --global user.email "please-set-your-email@bitrise.io"
git config --global user.name "J. Doe (https://devcenter.bitrise.io/builds/setting-your-git-credentials-on-build-machines/)"

押し戻したい場合(git push)Bitriseからの独自のリポジトリへのコミット ビルドの実行中、 必ず 自分のユーザー名とメールアドレスを設定します。これを実現するには、次の3つの方法があります。

  • カスタムスクリプトステップを使用して、 git config 指図。

  • GitクレデンシャルをEnvVarsとして設定できます。

  • あなたは使用することができます Gitクレデンシャルを設定する ステップ。

EnvVarsを使用してGitクレデンシャルを設定する

Gitにはさまざまな基本機能があります 環境変数 に似ている Bitrise Env Vars。ワークフローのステップ数を減らしたい場合は、特定のGit環境変数を利用してBitriseでEnvVarsを設定できます。

  1. ワークフローエディタを開きます。

  2. に移動します環境変数タブ。

  3. 次のEnv変数を作成します。

    • GIT_AUTHOR_NAME:これは、人間が読める形式の「作成者」の名前です。

    • GIT_AUTHOR_EMAIL:これは「作者」のメールアドレスです。

    • GIT_COMMITTER_NAME:これは、人間が読める形式の「コミッター」の名前です。

    • GIT_COMMITTER_EMAIL:これは「コミッター」のメールアドレスです。

    git_credentials.png

Gitクレデンシャルの設定ステップを使用したGitクレデンシャルの設定

  1. 追加する Gitクレデンシャルを設定する ワークフローの最初のステップとしてステップします。ステップはあなたがする前に最初に来なければなりません git commit。このようにして、現在のビルドに加えた変更が、ユーザー名と電子メールアドレスに関連付けられたコミットに確実に添付されるようにすることができます。

  2. の中に Gitユーザー名 フィールドで、値を独自のユーザー名に設定します。

  3. の中に Gitのメールアドレス フィールドで、値を自分のメールアドレスに設定します。

  4. ビルドを開始します。

すべてがうまくいけば、Gitプロバイダーのリポジトリに変更が表示されるはずです。新しいユーザー名とメールアドレスは、ビルドからGitプロバイダーにプッシュする今後のすべてのコミットで表示されます。