iOSコード署名ファイルの管理-自動プロビジョニング

Automatic code signing asset management and building functions available in one Step

The following Steps manage your code signing files AND build your project at the same time if the Automatic code signing method input is enabled in their Step inputs:

  • Xcode Archive and Export for iOS Step

  • Export for iOS and tvOS Xcode Archive Step

  • Xcode build for testing for iOS Step

We recommend using them instead of the iOS Auto Provision with App Store Connect API/Apple ID Steps. This means shorter Workflow and quicker builds.

If you are using Fastlane, a custom build code, or work on an Ionic/Cordova project, you can use the Manage iOS Code Signing Step.

Please note that the iOS Auto Provision with App Store Connect API/Apple ID Steps will be deprecated in the coming months. This will NOT break any existing builds using these two Steps, however, you will not be able to select them in the Workflow Editor’s Step Library. This article describes how to use the iOS Auto Provision with App Store Connect API Step if you decide to use it instead of the recommended Xcode Archive & Export for iOS, Export for iOS and tvOS Xcode Archive, and Xcode build for testing for iOS Steps.

For more information on the above Steps, go to our iOS code signing overview page to check out code signing management options.

ディストリビューションと開発署名証明書をアップロードします

プロジェクトの開発署名証明書と配布署名証明書の両方をアップロードすることを強くお勧めします。さまざまな種類の証明書がないと、さまざまな種類の署名付きIPAファイルを生成できません。

ワークフローで自動プロビジョニングを設定する前に、次のことを確認してください。

  • あなたは少なくとも持っています 管理者 開発者ポータルチームでの役割。

  • BitriseプロジェクトへのAppleDeveloperPortalの統合が有効になります。

iOSの自動プロビジョニングを設定するには、次のことを行う必要があります。

  1. で必要なファイルを収集したことを確認してください codesigndoc。このツールを使用して、配布証明書と開発証明書をアップロードすることもできます。

  2. あなたが持っていないことを確認してください 証明書とプロファイルのインストーラー ワークフローにステップインします。

    両方を用意する必要はなく、予期しない問題が発生する可能性があります。

  3. 選択したiOS自動プロビジョニングステップを追加します。

    • App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニング ステップ

    • AppleIDを使用したiOS自動プロビジョニング ステップ

App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニングの構成ステップ

  1. App StoreConnectにアクセスするためのAPIキー認証が設定されていることを確認してください。

  2. 追加します App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニング 依存関係インストーラーの後ワークフローのステップ(次のような) CocoaPodsインストールを実行します また カルタゴ

  3. Xcodeプロジェクトを変更しないでください。 App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニング そしてその iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ。

    たとえば、バンドルIDを変更しないでください。 App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニング ステップ。

  4. ステップをクリックして、入力フィールドを編集します。あなたはそれを見ることができます APIトークンを作成するビルドURL、 そしてその Xcodeプロジェクト(またはワークスペース) パスは自動的に入力されます。

    • APIトークンを作成する:実行中のすべてのビルドには、Bitrise仮想マシン上に一時的なAPIトークンがあります。このトークンは、ビルドの実行中にのみ使用できます。ステップは、このAPIトークンを使用して接続されたAPIキーをダウンロードし、BitriseはそれをJSONファイルに保存します。

    • ビルドURL: JSONファイルが配置されているパス。

    • Xcodeプロジェクトパス: のパス .xcodeprojまたは .xcworkspace にあります。

  5. 確認してください 配布タイプ 入力の値は、の値と一致します 配布方法 に入力 iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ。

  6. でスキームを選択します 図式 入力-処理するターゲットを制限できます。

AppleIDを使用したiOS自動プロビジョニングの構成ステップ

  1. 設定したことを確認してください アプリのAppleID認証

  2. 追加します AppleIDを使用したiOS自動プロビジョニング 依存関係インストーラーの後ワークフローのステップ(次のような) CocoaPodsインストールを実行します また カルタゴ

  3. Xcodeプロジェクトを変更しないでください。 AppleIDを使用したiOS自動プロビジョニング そしてその iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ。

    たとえば、バンドルIDを変更しないでください。 AppleIDを使用したiOS自動プロビジョニング ステップ。

  4. チームIDを入力して 開発者ポータルチームID 入力。

  5. 確認してください 配布タイプ 入力の値は、の値と一致します 配布方法 に入力 iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ。

  6. でスキームを選択します 図式 入力-処理するターゲットを制限できます。

  7. オプションで、を使用する場合は、もう1つの入力を設定できます。 署名を自動的に管理する Xcodeのオプション:の入力の場合 XcodeプロジェクトでXcode管理署名が有効になっている場合でも、ステップでプロビジョニングプロファイルを生成する必要がありますか? に設定されています true の場合、ステップはプロファイルの生成を試みます。 Xcodeで手動コード署名を使用する場合、この入力は効果がありません。