iOSコード署名ファイルの管理-自動プロビジョニング

概要

Automatic code signing means automatically managing the provisioning profiles that are available on your Apple Developer Portal account. If you set up some form of authentication to your Apple account, Bitrise can download and install the provisioning profile for your app during the build process.

Bitriseでは、iOSコード署名をできるだけ簡単にすることを目指しています。そのため、私たちは多くのプロセスを自動化するために最善を尽くしました。いくつかのステップには、構成をより合理化するための自動コード署名管理の組み込みオプションがあります。

ワークフローで自動プロビジョニングを設定する前に、次のことを確認してください。

iOSの自動プロビジョニングを設定するには、次のことを行う必要があります。

  1. コード署名証明書をBitriseにアップロードします。

  2. AppleIDまたはAppStoreConnect APIを介して、AppleDeveloperPortalアカウントをBitriseに接続します。

  3. コード署名アセットの自動管理をサポートするステップの1つを使用します。

iOSコード署名証明書をBitriseにアップロードする

すべてのiOSコード署名方法では、iOSコード署名証明書をBitriseにエクスポートしてアップロードする必要があります。

コード署名ファイルの生成

必要なコード署名ファイルの準備ができていない場合は、新しいファイルを生成できます。 iOSコード署名ファイルの生成

証明書をBitriseにアップロードするには、最初にファイルを.p12ファイル形式でエクスポートする必要があります。これは手動で行うか、Bitriseのオープンソースを使用して行うことができます。 codesigndoc 道具。ファイルを正常にエクスポートしたら、それらをBitriseにアップロードする必要があります。 3つのオプションがあります。

ディストリビューションと開発署名証明書をアップロードします

プロジェクトの開発署名証明書と配布署名証明書の両方をアップロードすることを強くお勧めします。さまざまな種類の証明書がないと、さまざまな種類の署名付きIPAファイルを生成できません。

証明書をエクスポートしてワークフローエディターのBitriseにアップロードするには:

  1. .p12証明書がエクスポートされ、準備ができていることを確認してください。次の2つのオプションのいずれかを使用して、ファイルをエクスポートできます。

  2. でアプリを開きます ビットライズ

  3. に移動します ワークフロー タブ。

  4. に移動します コード署名 タブ。

  5. で.p12証明書をドラッグアンドドロップまたはクリックします 署名用の秘密鍵(.p12)を追加します 分野。

    upload-certificates.png

自動プロビジョニングのためのAppleサービス認証

組み込みの自動化されたiOSコード署名オプションを提供するBitriseStepsを利用するには、セットアップする必要があります Appleサービス認証。これらのステップには、2つのオプションがあります。

表1 iOSコード署名用のAppleサービス認証オプション

認証方法

使い方

いつ使用するか

APIキー認証 (おすすめされた)

APIキーを使用してAppStoreConnectアカウントをBitriseに接続します。

Apple Developer Enterprise Programのアカウントを使用している場合を除き、このオプションを使用することをお勧めします。

AppleID認証

AppleIDをBitriseに接続します。 Appleアカウントで2要素認証が有効になっている場合は、このプロセス中にアプリ固有のパスワードを入力する必要があります。認証は30日で期限切れになり、接続を更新する必要があります。

このソリューションは、次の場合にのみ使用してください。

  • 何らかの理由でAPIキーにアクセスできません。

  • Apple DeveloperEnterpriseProgramのアカウントを使用しています。

使用を検討することもできます 手動プロビジョニング


自動プロビジョニングの手順の構成

次の手順では、コード署名ファイルを管理し、同時にプロジェクトをビルドします。 自動コード署名方式 ステップ入力で入力が有効になっています。

  • iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ

  • iOSおよびtvOSXcodeアーカイブをエクスポートする ステップ

  • iOS用のテスト用のXcodeビルド ステップ

Fastlane、カスタムビルドコードを使用している場合、またはIonic / Cordovaプロジェクトで作業している場合は、 iOSコード署名を管理する ステップ。

プロファイルのみのプロビジョニング

これらの手順では、.p12署名証明書は自動的にダウンロードされず、プロビジョニングプロファイルのみがダウンロードされます。絶対です Bitriseに証明書をアップロードする あなた自身。

証明書とプロファイルのインストーラーの手順は使用しないでください

自動プロビジョニングを使用する場合は、を使用する必要はありません。 証明書とプロファイルのインストーラー ステップ。

表1 自動プロビジョニングオプションの手順

手順

それらがどのように機能するか

いつ使用するか

Xcodeの手順:

  • iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート

  • iOSおよびtvOSXcodeアーカイブをエクスポートする

  • iOS用のテスト用のXcodeビルド

これらの手順では、ほぼゼロの構成でXcodeプロジェクトにコード署名を自動的に設定します。

ほとんどのシナリオでこれらの手順を使用することをお勧めします。

iOSコード署名を管理する ステップ

このステップでは、ビルドを実行する前に、Xcodeプロジェクトでコード署名を設定します。

この専用のステップは、次の場合に使用できます。

  • スクリプトまたはファストレーンからアプリを構築しています。

  • クロスプラットフォームプロジェクトがあります。たとえば、React Native、Flutter、Ionic、Cordovaなどです。

  • あなたはmacOSアプリを構築しています。


Xcodeステップの使用

コード署名アセットの自動管理が組み込まれているXcodeステップのいずれかを使用できます。

  1. 必要に応じて、次の手順のいずれかをワークフローに追加します。

    • iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート:Xcodeアプリをビルドし、選択したタイプのIPAをエクスポートします。

    • iOSおよびtvOSXcodeアーカイブをエクスポートする:既存のアーカイブからIPAをエクスポートします。

    • iOS用のテスト用のXcodeビルド:Xcodeアプリを build-for-testing アクション。

  2. をセットする 自動コード署名 使用するAppleサービス認証タイプに入力します。

    APIキー認証またはAppleID認証から選択できます。

iOSコード署名の管理ステップの使用

Xcodeステップのいずれかを使用してiOSアプリを構築していない場合、またはクロスプラットフォームアプリを使用している場合は、コード署名アセットを自動的に管理するための専用のステップを使用してください。

  1. 追加します iOSコード署名を管理する 依存関係インストーラーの後のステップワークフローのステップ(次のような) CocoaPodsインストールを実行します また カルタゴ

    manage-ios-code-signing-step.png
  2. をセットする 自動コード署名 使用するAppleサービス接続への入力。

    あなたはから選ぶことができます APIキー認証 また AppleID認証

  3. Apple ID認証を使用する場合は、チームIDも次のように入力する必要があります。 開発者ポータルチームID 入力。

  4. この手順の後で、Xcodeプロジェクトを変更しないでください。

    たとえば、バンドルIDは変更しないでください。

  5. アプリをビルドしてアーカイブするステップを追加します。 追い越し車線 ステップ。

ワークフローで自動プロビジョニングを設定する前に、次のことを確認してください。