bitrise.ymlファイルのステップデータ

で指定したステップデータと情報 bitrise.yml ファイルはステップのパラメータです 変えたい、ステップのデフォルト定義と比較。

ステップの生のインターフェース定義を確認するには、ステップライブラリで確認できます。ステップインターフェイスの定義は、StepLibの ステップディレクトリ

入力またはその他のStepプロパティを指定しない場合 bitrise.yml 構成、ステップ(参照/ ID)のみ、ステップは、インターフェイス定義でステップの開発者によって定義されたデフォルト値で実行されます。

単一の例を見てみましょう script ステップ、実行時に実行されます bitrise run test

format_version: 11
default_step_lib_source: https://github.com/bitrise-io/bitrise-steplib.git
    
workflows:
  test:
    steps:
    - script:

ステップの入力を inputs: リストプロパティ。入力は、 価値

インデント

YAML形式のインデントは非常に重要です! 2スペースのインデントを使用する必要があり、タブを使用してインデントすることはできません。

format_version: 11
default_step_lib_source: https://github.com/bitrise-io/bitrise-steplib.git
    
workflows:
  test:
    steps:
    - script:
        inputs:
        - content: "echo 'Hello World!'"

ステップに必要な入力がない場合は、入力を指定する必要はありません。必要な数の入力に値を指定できます。

ステップ入力値は常に ストリング /テキスト値とそれらは環境変数としてステップに渡されます。標準のYAMLマルチライン形式を使用して、値をマルチラインにすることもできます。

format_version: 11
default_step_lib_source: https://github.com/bitrise-io/bitrise-steplib.git

workflows:
  test:
    steps:
    - script@1.1.3:
        inputs:
        - content: |
            #!/bin/bash
            set -ex
            var_to_print='Hello World!'
            echo "${var_to_print}"

上記のように複数行の値を使用する場合は、キーと比較して、値を2つのスペースでインデントする必要があります。

前のステップが失敗した場合でも、を設定することにより、ステップを強制的に実行します。 is_always_run プロパティに true

format_version: 1.3.1
default_step_lib_source: https://github.com/bitrise-io/bitrise-steplib.git

workflows:
  test:
    steps:
    - script@1.1.3:
        is_always_run: true
        inputs:
        - content: "puts 'Hello Ruby!'"
        - runner_bin: ruby

使用 title ステップに説明的なタイトルを追加するプロパティ:

format_version: 11
default_step_lib_source: https://github.com/bitrise-io/bitrise-steplib.git

workflows:
  test:
    steps:
    - script@1.1.3:
        title: Print Hello Ruby
        is_always_run: true
        inputs:
        - content: "puts 'Hello Ruby!'"
        - runner_bin: ruby