コード署名ファイルの保護

概要

You can set your code signing files to Protected mode: this means they cannot be downloaded from your bitrise.io account. Your builds will be able to use these protected files but no one will be able to reveal them and there is no way to overwrite them: you can only delete the files and upload new ones instead.

コード署名ファイルを次のように設定できます 保護されています モード:これは、それらがあなたからダウンロードできないことを意味します bitrise.io アカウント。もちろん、ビルドはこれらの保護されたファイルを使用できます。ただし、ファイルを保護すると、誰もそのファイルを公開できなくなり、ファイルを上書きする唯一の方法は、現在のファイルを削除して新しいファイルを作成することです。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します コード署名 タブ。

  4. 保護するファイルを見つけて、ドロップダウンメニューを開きます。

    Make code signing files protected
  5. を選択 保護する オプション。

    ポップアップウィンドウは、確認するとこの変更を元に戻せないことを警告します。変更を個別に保存する必要はありません。

完了すると、ファイルのドロップダウンメニューの唯一のオプションは次のようになります。 消去