複数のコード署名IDを使用してIPAに署名する

概要

You can create multiple IPA files with different code signing identities within a single Bitrise build. You just need to make sure the required code signing files are available and use the Export iOS and tvOS Xcode archive Step.

注記

iOSコード署名アセット管理の概要

コード署名資産管理に利用できるステップの包括的な概要については、次のWebサイトをご覧ください。 iOSコード署名ページ

You can create multiple IPA files with different code signing identities within a single Bitrise build.

iOSアプリの開発中に、内部テストやApp Storeへのデプロイなど、さまざまな目的のために複数の種類のディストリビューションが必要になります。幸いなことに、これには2つの別々のワークフローを設定する必要はありません。 bitrise.io

この例では、2つの署名された.ipaファイルを作成するワークフローを設定します。 development と1つ app-store エクスポート方法。

  1. ビルドに必要なすべてのコード署名ファイルが利用可能であることを確認してください。

  2. あなたが持っていることを確認してください iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ワークフローにステップインします。

  3. 入力変数のリストで、に移動します エクスポート方法を選択してください 選択します 発達 ドロップダウンメニューから。

    multipleexport.png
  4. をセットする 自動コード署名方式 コード署名に使用するAppleサービス接続への入力。使用可能なオプションは次のとおりです。

  5. 追加します iOSおよびtvOSXcodeアーカイブをエクスポートします ワークフローに進みます。

  6. をセットする 自動コード署名方式 コード署名に使用するAppleサービス接続への入力。使用可能なオプションは次のとおりです。

    • off 自動コード署名を行わない場合。

    • api-key APIキー認証を使用する場合。

    • apple-id AppleID認証を使用する場合。

  7. 入力変数のリストで、に移動します エクスポート方法を選択してください 選択します アプリストア ドロップダウンメニューから。

    exportmethodappstore.png

そして、あなたは完了です!複数追加してください iOSおよびtvOSXcodeアーカイブをエクスポートします 必要に応じて、複数の異なる署名付き.ipaファイルを作成するワークフローの手順。