複数のコード署名IDを使用してIPAに署名する

注記

Overview on iOS code signing asset management

For a comprehensive overview on what Steps are available for code signing asset management, visit the iOS code signing page.

iOSアプリの開発中に、内部テストやApp Storeへのデプロイなど、さまざまな目的のために複数の種類のディストリビューションが必要になります。幸いなことに、これには2つの別々のワークフローを設定する必要はありません。 bitrise.io

この例では、2つの署名された.ipaファイルを作成するワークフローを設定します。 development と1つ app-store エクスポート方法。

  1. ビルドに必要なすべてのコード署名ファイルが利用可能であることを確認してください。

  2. あなたが持っていることを確認してください iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ワークフローにステップインします。

  3. 入力変数のリストで、に移動します エクスポート方法を選択してください 選択します 発達 ドロップダウンメニューから。

    multipleexport.png
  4. Set the Automatic code signing method input to the Apple service connection you want to use for code signing. The available options are:

  5. 追加します iOSおよびtvOSXcodeアーカイブをエクスポートします ワークフローに進みます。

  6. Set the Automatic code signing method input to the Apple service connection you want to use for code signing. The available options are:

    • off if you don’t do automatic code signing.

    • api-key if you use API key authorization.

    • apple-id if you use Apple ID authorization.

  7. 入力変数のリストで、に移動します エクスポート方法を選択してください 選択します アプリストア ドロップダウンメニューから。

    exportmethodappstore.png

そして、あなたは完了です!複数追加してください iOSおよびtvOSXcodeアーカイブをエクスポートします 必要に応じて、複数の異なる署名付き.ipaファイルを作成するワークフローの手順。