ビルド中のツールのインストール

そうでないツールが必要な場合 ビルドマシンにプリインストールされています ステップが見つからない場合は、いつでもインストールしてスクリプトで使用できます。 脚本 ステップ。追加する Script ワークフローに進み、そこにスクリプトを作成するか、リポジトリからスクリプトを実行します。パスワードなし sudo すべてのビルド仮想マシンで有効になっているため、自由に使用できます sudo あなたがそれを必要とするならば。

動作するスクリプトができたら、 ステップに変換することもできます オプションで他の人と共有します(StepLibを介して)。続きを読む: 新しいステップの開発

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. クリック + 私たちからその位置にステップを挿入するためのサイン ステップライブラリ

  5. の中に Search steps バーで「スクリプト」を検索し、 Script ステップ 。これにより、ワークフローにステップが追加されます。

  6. ワークフローのステップをクリックします。

  7. スクリプトをに挿入します Script content 入力フィールド。

    リポジトリからスクリプトを実行する

    リポジトリからスクリプトを実行する場合は、これから実行できます Script ステップ。パスはリポジトリのルートからの相対パスです。たとえば、 Bashスクリプトpath/to/script.sh あなたはそれをに追加することができます Script content フィールドを入力し、次のコマンドで実行します。

    #!/bin/bash
    set -ex
    bash ./path/to/script.sh

    Bash以外のスクリプトも実行できます。たとえば、 Rubyスクリプト

    #!/bin/bash
    set -ex
    ruby ./path/to/script.rb
例1 macOSにcmakeをインストールする

インストール cmake とともに Script 次の方法でmacOSを踏む brew 指図:

#!/bin/bash
set -ex
brew install cmake

Homebrewインストール

また、使用することができます Homebrewインストール インストールする手順 cmake および他の多くのツール。


例2 Linuxにcmakeをインストールする

インストール cmake とともに Script 次の方法でLinuxをステップします apt-get 指図:

#!/bin/bash
set -ex
sudo apt-get install -y cmake

apt-getには-yフラグを使用します

追加しない場合 -y (はい)へのフラグ apt-get 指図、 apt-get 手動で受け入れるか拒否する必要があるプロンプトが表示されます。これはご使用のLinuxマシンでは問題になりませんが、CI環境では手動入力を提供できません。 apt-get。この問題を防ぎ、プロンプトを自動的に受け入れるには、 -y 例に示すように、フラグ。

npmコマンドを実行します

また、使用することができます npmコマンドを実行します インストールする手順 cmake および他の多くのツール。


bitrise.ymlファイルでdepsを宣言してツールをインストールする

依存関係インストーラーを使用して依存関係またはツールをインストールする代わりにステップまたは Script ステップ、あなたも使用することができます deps のオプション bitrise.yml。あなたが宣言した場合 deps 特定のステップについては、 Bitrise CLI そのツールがインストールされているかどうかを確認し、必要に応じてインストールします。

選択したツールまたは依存関係がすでに使用可能な場合、BitriseCLIはそれをインストールしません。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します bitrise.yml タブ。

  4. 必要なステップを見つけます。そのステップの依存関係を宣言します。

  5. 追加 deps ステップタイトルの下:

    workflows:
      test:
        steps:
        - script:
            deps:
  6. パッケージマネージャー名とパッケージ名を宣言します。

    workflows:
      test:
        steps:
        - script:
            deps:
              brew:
              - name: cmake
              apt_get:
              - name: cmake

バイナリ名の宣言

(パッケージマネージャーを介さずに)別のソースから利用できる可能性のある依存関係を宣言する場合は、関連するものも宣言する必要があります。 binary name。パッケージがバイナリ名と一致しない場合は、次のように宣言できます。 bin_name。例はAWSCLIで、両方のパッケージマネージャーのパッケージ名は awscli、しかしバイナリ自体は aws

workflows:
  test:
    steps:
    - script:
        deps:
          brew:
          - name: awscli
            bin_name: aws