iOSコード署名のトラブルシューティング

概要

iOS code signing can be complicated, with several potential issues. We've collected some of the most common issues and their potential solutions.

コード署名が機能することを確認するために何ができるかを調べてみましょう!

コード署名とクリーンな仮想マシン

すべてのBitriseビルドは、以前のビルドのファイルや構成が残っていないクリーンな仮想マシンを使用します。ほとんどの場合、ローカルマシンで必要なすべてのコード署名ファイル(証明書とプロビジョニングプロファイル)を利用できますが、これは仮想マシンには当てはまりません。プロジェクトに関連するコード署名ファイルは含まれていません。そのため、次のことを確認する必要があります。

  • 適切なコード署名資産管理オプションを選択して、プロビジョニングプロファイルをBitriseにアップロードします。ここから、ステップは実行時にファイルを仮想マシンにダウンロードします。

  • 必要な署名証明書を[コード署名]タブにアップロードします。

  • BitriseアカウントをAppleDeveloperポータルに接続しました。 (証明書とプロファイルインストーラの手順を使用する場合、この手順は必要ありません。)AppleDeveloperポータルへ。

    エラーがコード署名に関連していると思われる場合は、ほぼ確実に、これら3つのうちの1つに問題があります。 BitriseでiOSアプリを作成する場合は、最初に自分のマシンでアプリの.ipaファイルをローカルに生成することを強くお勧めします。それが失敗した場合、ビルドは確かにBitriseでも失敗します。

    冗長ログ

    問題が発生した場合は、コード署名アセット管理またはビルドステップで詳細ログ入力を有効にして、問題の性質に関する詳細情報を取得してください。

App Store ConnectAPIステップを使用したiOS自動プロビジョニングが失敗する

NS App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニング ステップは、プロビジョニングプロファイルを管理します。AppleDeveloperポータルからプロファイルをダウンロードしてインストールします。このステップが失敗した場合にできることは次のとおりです。

  • このステップを使用する前に、.ipaファイルをローカルで生成し(Bitriseで使用するのと同じエクスポート方法で)、プロファイルがAppleDeveloperポータルにアップロードされていることを確認します。

  • BitriseアカウントがAppleDeveloperポータルに接続されていること、およびAppleDeveloperチームで少なくとも管理者の役割を持っていることを確認してください。

プロビジョニングプロファイルのファイル数制限

にアップロードできるプロビジョニングプロファイルと.p12証明書の最大数 コード署名 Bitriseのタブは30です。すでにこの制限に達していて、さらに多くを使用したい場合は、さらに多くのプロビジョニングプロファイルを使用する方法に関するいくつかのヒントを次に示します。

  • 次のような自動プロビジョニングのあるステップを使用する iOS用のXcodeアーカイブとエクスポートiOSおよびtvOSXcodeアーカイブをエクスポートするiOS用のテスト用のXcodeビルド 、 また iOSコード署名を管理する。これらの手順では、コード署名ID(拡張子が.p12の証明書)のみをBitriseにアップロードする必要があります。次の場合は、ビルド中にAppleDeveloperポータルからオンザフライでプロビジョニングプロファイルをダウンロードできます。 AppleDeveloperアカウントをBitriseに接続しました

  • 必要な証明書/プロファイルを含む.zipファイルを作成できます。この場合、Bitriseに証明書/プロファイルをアップロードする必要はありません。ビルド中に、.zipファイルをダウンロードして、証明書/プロファイル関連の入力を更新できます。 証明書とプロファイルのインストーラー パスをビルドマシンの証明書/プロファイルに一致させる手順。注意してください 証明書とプロファイルのインストーラー ステップは、証明書とプロファイルのローカルパスとURLをサポートします。

  • プロファイルと証明書を自分でホストし、特定の証明書/プロファイルを指すURLのみをワークフローに追加できます。

また、証明書とプロファイルの両方の入力に複数のURLを指定できることにも注意してください。必ずパイプで分けてください(|) キャラクター。

デバイスにアプリをインストールできませんでした

特定のデバイスにiOSアプリをインストールするには、次のいずれかを行う必要があります。

  • を使用してIPAファイルをエクスポートします development エクスポートに使用されるプロビジョニングプロファイルにデバイスのUDIDが登録されているエクスポート方法。

  • を使用してIPAファイルをエクスポートします ad-hoc メソッドをエクスポートし、によって生成されたパブリックインストールページを介してアプリをインストールします Bitrise.ioにデプロイします ステップ。

特定のデバイスにアプリをインストールできない場合:

  1. デバイスのUDIDがアプリのプロビジョニングプロファイルに含まれていることを確認します。

    手動プロビジョニングを使用する場合は、Bitriseにアップロードしたプロビジョニングプロファイルを確認してください。

  2. ログをチェックして、 iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップは、デバイスのUDIDを含むプロビジョニングプロファイルを使用しました。