アプリのbitrise.ymlファイルを編集する

ワークフローエディターでワークフローまたはステップを変更するたびに、アプリのを間接的に編集していることになります bitrise.yml 構成ファイル。ただし、必要に応じて、YAMLでファイルを直接編集できます。

重要

これには、の構造にある程度精通している必要があります。 bitrise.yml ファイル。続きを読む: bitrise.ymlの基本

bitrise.ioのグラフィカルワークフローエディターでファイルを編集するか、ダウンロードしてローカルで編集することができます。

bitrise.ymlファイルをオンラインで編集する

ビルド構成をyml形式で編集できます。 bitrise.ymlエディター アプリのワークフローエディターに移動して、 bitrise.yml タブ。

Managing an app's bitrise.yml configuration
  • で折りたたんで展開します -+ サイン。

  • 押す NS/Cmd + NS 検索して、検索できる場所を置き換えます RegExpMatch Whole Word、大文字と小文字を区別する、大文字と小文字を区別しない、または選択したセクションでのみ検索します。

  • 使用 プレビューサイドバー ナビゲーションを簡単にするために右側にあります。

変更を保存するには、をクリックします 保存する 右上隅にあります。

現在のをダウンロードするには bitrise.yml ファイルをクリックします 現在保存されている設定をダウンロードする。または、ファイルの特定のセクションを選択して、それらをローカルのいずれかにコピーすることもできます。 bitrise.yml ファイルまたは別のアプリに bitrise.yml ファイル。

bitrise.ymlファイルをローカルで編集する

私たちのymlスキームはで共有されています スキーマストア。これは、次のファイルをローカルで編集すると、構文の強調表示とオートコンプリートが利用できることを意味します。

  • bitrise.yml

  • step.yml

  • bitrise.json

次のエディタはオートコンプリート機能をサポートしています。

  • IntelliJ IDEA

  • PhpStorm

  • PyCharm

  • ライダー

  • RubyMine

  • Visual Studio 2013+

  • VisualStudioコード

  • Visual Studio for Mac

  • WebStorm

  • JSONBuddy

    autocomplete.png