クロスプラットフォームフレームワークで構築されたアプリにShipを使用する

デフォルトでは、Shipは Androidビルド、Gradleランナー そしてその iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ。これらのステップの出力は、によって自動的にエクスポートされます。 Bitrise.ioにデプロイします 出荷するステップ。

ただし、React NativeやFlutterなどのクロスプラットフォームフレームワークで構築されたアプリの場合、ワークフローでこれらのステップを使用しない場合があります。ただし、心配しないでください。デフォルトでサポートされていないステップを使用してアプリをビルドし、Shipでデプロイすることができます。あなたがする必要があるのは、適切なファイルが適切な場所に配置されることを確認することです。

クロスプラットフォームフレームワークで構築されたiOSアプリの公開

Shipを使用して、FlutterやReact Nativeなどで構築されたAndroidアプリを公開できます。ただし、 iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ。

NS Bitrise.ioにデプロイします ステップは探します .xcarchive.zip iOSアプリの場合、Shipにエクスポートするファイル。使用したくない場合 iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ、あなたはただそれを確認する必要があります:

  • 公開されたワークフローには、をエクスポートするステップがあります .xcarchive.zip アプリのファイル。つまり、使用するステップでは、Xcodeアーカイブを作成し、それをzipファイルにパッケージ化する必要があります。

  • このステップでは、 .xcarchive.zip ファイルに BITRISE_DEPLOY_DIR ディレクトリ。

クロスプラットフォームフレームワークで構築されたAndroidアプリの公開

Shipを使用して、FlutterやReact Nativeなどで構築されたAndroidアプリを公開できます。ただし、 Androidビルド また Gradleランナー ステップ。

NS Bitrise.ioにデプロイします ステップは、APKまたはAABファイルを検索します BITRISE_DEPLOY_DIR ディレクトリ。

使用したくない場合 Androidビルド または Gradleランナー 手順、次のことを確認する必要があります。

  • 公開されたワークフローには、アプリのAPKファイルまたはAABファイルをエクスポートするステップがあります。

  • このステップでは、APKまたはAABファイルをにエクスポートします BITRISE_DEPLOY_DIR ディレクトリ。